借金の時効の援用とは?デメリットと援用後のローンについて

Fotolia_54328488_Subscription_Monthly_XXL_R

時効の援用をすることで、借金の返済をする必要がなくなります。

借金を返済する必要がなくなるので、借りている側としてはうれしいかもしれませんが、デメリットもあるので気を付けてください。

時効の援用を行う時のデメリット

・住民票を新しい住所のところにできない

業者の督促から逃げるためには、引っ越しをした時に住民票を移せません。

移してしまったら新しい住所が業者は分かってしまうので、その後も連絡が来るでしょう。

そのため住所変更をすることができないのですが、住民票は何かと必要になってきます。

住民票が用意できないとかなり日常生活に支障が出るでしょう。

・時効の援用ができない場合も

こちらが時期を勘違いしていたり、裁判を起こされていた場合には時効が中断されてしまうので一定期間たっていないことになります。

時効の援用の手続きで、内容証明を送っても無駄になるということもあるので注意してください。

・借金は増えていく

逃げている間は借金を返済しないわけなので、借金はどんどん増えていきます

時効の援用ができればいいのですが、もしも途中で捕まってしまった場合は増えた借金を返済していくことになるので大変な返済となるでしょう。

・ずっと怯えていることになる

いつ見つかるかわからないという不安を抱えたまま生活することになるので、精神的なストレスは多くなります。

見つかってしまったら増えた借金を返済することになるので、その点を覚悟した上で行いましょう。

時効の援用をした後に再びローンを組むことはできるのか?

時効の援用を行った場合、

  • 日本信用情報機構(サラ金系)であれば、まず「延滞の解消」となりその後1年を超えない期間で「完済」
  • CIC(クレジット系)であれば、5年間は延滞、延滞解消は残ったまま

※現在の自分の状態を知りたい場合は、問い合わせることで分かるので、直接聞いてください。

 

つまり、5年を過ぎれば信用情報的には特に問題なくローンを組むことができるでしょう。

後は収入などの他の条件によってローンを組めるか組めないかが決まってきます。

ただし、借金を踏み倒した業者とその関連企業の中にはおそらく情報が残っているので、今後ローンを組むことはできないでしょう。

こういった面倒なことが多いので、それならば債務整理をするのが賢いやり方ですね。

債務整理をすれば、借金を減額できますし、借金の取り立てから怯える日々を過ごす必要もあります。

時効の援用を狙うよりもはるかに快適な生活を送ることができますよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談したいならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ