カードローンの返済を滞納・延滞した場合の対処方法

Fotolia_56773672_Subscription_Monthly_XXL_R

最近は銀行系もカードローンとしてお金を貸すことが多くなっていますよね。

消費者金融でお金を借りるよりもカードローンの方が、金利が安いことが多いですからね。

比較的お金を借りやすいカードローンですが、返済の延滞・滞納をしてしまうと色々と問題が起こります。

 

この記事では滞納・延滞をしてしまった場合どうすればいいのかということについて詳しく説明していきます。

  • 返済の遅れには厳しいカードローン
  • 返済が厳しくなったら早めに弁護士に相談を

返済の遅れには厳しいカードローン

カードローンは金利が低く設定されている分、遅延や取り立てが厳しい傾向があります。

金利が安いということは銀行側の利益が少ないので、損害を出すわけにはいかないのです。

そのため消費者金融と比べると、返済の遅れには厳しいですね。

 

消費者金融であれば、数日遅れたとしても見逃すことが多いですが、カードローンの場合はすぐに借金の返済の通知がきます。

それと同時に新しくお金を借りることもできなくなりますね。

もしも返済が遅れそうになったら、なるべく早めにカードローン会社に連絡をしましょう。

 

その時にいつまでに入金ができるのかということをしっかりと伝えた方がいいですね。

ただ取り立ては厳しいので返済を待ってもらうというのは難しいですね。

もしも返済の遅れた場合は、早めに返済をするようにしましょう。

1回でも滞納・延滞するとブラックリスト入り?

1回だけはブラックリストに載らないことが多いです。

多くの場合は3か月滞納をするとブラックリストに載ります。

ただし、3か月連続で滞納しなくても、何回も滞納を繰り返していると、利用の停止・ブラックリスト入りする可能性が高いので、期日を守って返済をしましょう。

 

返済が厳しくなったら早めに弁護士に相談を

ついうっかり返済を忘れていた場合や急な出費があって返済がたまたまできなかったという場合であれば、その後返済をすることができると思います。

しかし、生活が苦しくて返済ができず滞納してしまったという場合もあるでしょう。

 

もしも返済が厳しいのであれば、弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

債務整理を行うことで、今の収入でも問題のない返済プランを立てることができます。

このまま滞納をしていても、状況はどんどん悪化していくだけなので早めに手を打った方が傷は浅いですよ。

借金の返済で困っているのであれば、とりあえず一度弁護士に相談してみましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ