カードローン返済がきついなら弁護士に相談をしましょう

Fotolia_45340117_Subscription_Monthly_XXL_R

カードローンでお金を借りるときには、きちんとした返済計画を立てて無理なく支払えるようになっていたと思います。

ただ生活していくうちに出費が増えたり、収入が減ったりすることで返済がきつくなることってありますよね。

そうした場合にずるずると返済をしていてもあまり良くありません。

最悪なのが借金の返済のために借金をすることですよね。

多重債務に陥ると一気に返済が難しくなるので、その前に手を打つべきです。

その時に一番効果的なのが弁護士に相談をすることです。

 

そこでこの記事ではカードローン返済で弁護士に相談をする場合について、多くの人が気になっていることを説明していきます。

  • まずはカードローン会社に相談するべき?
  • 弁護士に相談するとどうなる?

まずはカードローン会社に相談するべき?

返済がきつくなってきたら、先にカードローン会社に相談をするのも一つの手です。

月々の返済額を減らすことで乗り切れるのであれば、返済額を減らしてもいいと思います。

※毎月の返済額を減らすと借金の総返済額は増えるので注意してください。

こういった相談は、なるべき滞納をする前に行った方がいいですね。

 

最悪、一括請求前であれば大丈夫だと思いますが、一括請求をされた後だと相談をしても無駄です。

一括請求をするということは、「もうあなたのことを信用できないので、お金を一括で返済してもらいます」という意味ですからね。

信用できない人がいくら相談をして時間の無駄でしょう。

ただカードローン会社に相談をしても、必ずしも状況がよくなるとは限りません。

 

そういった場合は、弁護士に相談をしましょう。

なるべく早めに対処をした方がいいので、返済ができないと分かった時点で弁護士に相談をするべきですね。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

弁護士に相談するとどうなる?

弁護士に相談をすることで、まず一つ大きなメリットがあります。

それは借金の返済額を確実に減らすことができるという点です。

弁護士に借金について相談をした場合、債務整理を行うことになりますが、債務整理を行うと借金を減らすことができるのです。

 

一番効果の大きい自己破産を選択すれば、借金を1円も返済しなくてよくなりますからね。

病気になって無職になってしまい、どうしても返済することができないという場合には自己破産を選択することになるでしょう。

もちろん自己破産以外にも方法はあるので、どんな方法になるのかは弁護士に聞いてください。

 

借金を減らすことができるというメリットはありますが、当然デメリットもあります。

それはブラックリストに載る(信用情報に登録される)ということです。

ブラックリストに載ると、今後5~10年間お金を借りたりクレジットカードを使ったりすることができなくなります。

お金が借りられなくなったりすると少し不便にはなりますが、なくても生きていけます。

 

それ以外のデメリットや不都合というのはなく、普通の生活を送ることができます。

おそらくあなたが想像しているよりもデメリットは小さいと思います。

借金を減額できるという大きなメリットに比べたら、デメリットはかなり小さいですね。

それにカードローンの返済を滞納してもブラックリストには載るので、返済がきつくなっているのであれば時間の問題でしょう。

どうせブラックリストになるのであれば、早めにブラックリストに載った方がブラックリストの情報が消えるのもその分早くなるので、将来のやり直しがききます。

カードローンの返済がきつくなっているのであれば、早めに弁護士に相談をすることをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ