カードローンの返済を減額や免除することはできないか?

Fotolia_48265569_Subscription_Monthly_XXL_R

カードローンの返済が苦しくなってくると減額できたり免除されたりしないかなと考える人は少なくないはずです。

「もしも少しでも減額できれば、きちんと返済できるのに」
「どう頑張っても返済できないから、借金を免除してほしい」

と考えているのであれば、この記事は非常に参考になると思います。

 

この記事では、カードローンの返済の減額や免除について詳しく解説していきます。

  • 毎月の返済額は減らすことができます!
  • 根本的に借金額の減額や免除をする方法とは?

毎月の返済額は減らすことができます!

返済額がすこし苦しくなってきたのであれば、毎月の返済額を減らすことができます

最低返済額というのが決まっていますが、その額までであれば月々の返済を減らすことができるので、返済が苦しいという場合には利用するのも一つの手です。

 

ただし注意点が一つあります。

それは一時的に返済額が減らすことで、借金の合計の返済額は増えることになります。

返済額を減らすと、完済までの年月が伸びるのでその分返済額が増えてしまうということです。

のんびりと返済をしていると、返済する金額が増えてしまうので、収入の余裕が出たら余分に返済をするように心がけましょう。

根本的に借金額の減額や免除をする方法とは?

根本的に借金額を減らしたり免除したりすることができる方法は以下の2つあります。

  • おまとめローン
  • 債務整理

おまとめローン

カードローンは金利が低めに設定されているのでおまとめローンを利用してもそれほど効果はありません。

むしろ、おまとめローンを利用することでなんだか借金を返済した気になり、金銭感覚が一時的にマヒすることがあります。

また、上の方でも説明しましたが、毎月の返済額を減らしてしまうと借金の返済額は増えるので注意も必要です。

あまり減額効果がなく、毎月の返済額を減らすこともできないので、正直な話手間がかかるだけなのがおまとめローンです。

債務整理

債務整理は弁護士に依頼をすることで可能になる、借金減額方法です。

どれくらい減額ができるのかというと、最も減額される金額が小さい任意整理でも、これからかかる利息をカットした状態で借金の返済ができます

今の元本を返済するだけでよくなるということです。

利息がカットされることで返済をすれば、確実に借金が減るようになりますね。

 

また、自己破産を行えば借金の支払いを免除されるので、どう頑張っても返済することができないという場合には自己破産を選択することになりますね。

どの種類の債務整理を使うかは、あなたの状況によって変わってくるので、一度弁護士に相談するのがいいでしょう。

借金の返済に苦しんでいるのであれば、債務整理をすることを考えましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ