カードローンの返済ができないとどうなる?対処法は?

Fotolia_47945691_Subscription_Monthly_XXL_R

カードローンでお金を借りた時には収入もしっかりあって問題なく返済できると思っていることが多いです。

しかし、その後リストラにあったり、給料が減らされたり、病気になったりなど様々な原因で収入が減ってしまいカードローンの返済ができなくなることもありますよね。

 

そこでこの記事ではカードローンの返済ができなかった場合について詳しく説明していきます。

  • 返済をしないとどうなるの?
  • どうしても返済できない場合の対処方法とは?

返済をしないとどうなるの?

カードローンの返済をしない場合、最終的には差し押さえが実行されます。

まず返済に遅れると、文書による請求がきます。

「返済が遅れているのできちんと返済してください」というような内容です。

それでも返済をしない場合には、一括請求が来るようになっています。

 

この時、期限の利益の損失と言って、「分割払いを受け付けないから一括で返済してください」ということになります。

この段階でカードローン会社に相談をしても聞き入れてくれないので、その前に相談をすることをお勧めします。

一括請求が来て支払えるのであればいいですが、普通は支払うことができませんよね。

一括で返済できるだけのお金があるのであれば、滞納はしません。そもそもお金を借りないですからね。

 

一括で返済することができないと、裁判を起こされます。

お金を借りていることが事実であれば、裁判では絶対に負けるので裁判所から支払いを命じられます。

その時に返済できるだけのお金がない場合は、給料や財産を差し押さえられる可能性があります。

そうなってしまったら最悪で、給料が差し押さえられたら、収入が減るわけですから今までのような生活を送ることは難しくなりますね。

 

他にも借金を抱えている場合は、完全に破たんするでしょう。

つまり、カードローンの返済をしないままでいると、悲惨な目に合うのでできる限り返済日にしっかりと返済を行うようにしましょう。

どうしても返済できない場合の対処方法とは?

どうしても返済ができないということが分かった時点で、弁護士に債務整理の相談をしに行きましょう。

債務整理をすれば、今のあなたの状況(借金額・収入額など)で可能な返済が可能な返済計画を立てることができます。

 

債務整理にはいろいろな種類がありますが、どれを選んでも借金の返済額を減らすことができるので、今の状況でも返済が可能になるのです。

滞納をして差し押さえを食らうぐらいであれば、債務整理をした方が自分のペースで返済をすることができるのではるかにいい暮らしを送ることができるでしょう。

借金の返済に苦しんでいるのであれば、一度弁護士に相談をしてみてください。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ