クレジットカード料金が払えないと裁判や差し押さえ?

 

Fotolia_41699955_Subscription_Monthly_XXL_R

クレジットカードは使ってから、支払い日までの間が空くので、お金を用意するのは簡単と思う人もいるのですが、ついカードを使いすぎてしまうことってありますよね。

そうなると、支払日の近くになってお金がないことに気が付いて、あわててしまいがちです。

もしもクレジットカード料金が払えないとなった場合どうなるのか、ということについてこの記事ではまとめています。

  • 1回の滞納では特に問題なし?
  • 何か月滞納すると裁判・差し押さえになる?
  • 裁判になって差し押さえられないようにするには?
  • どう頑張ってもクレジットカードの支払いができない…

1回の滞納では特に問題なし?

実はクレジットカードの料金を1回くらい遅れたぐらいでは、裁判になったり、差し押さえになったりしません。

1回くらいでは、うっかり忘れの人も多いので、自動的に支払日の何日か後に再度引き落としが行われるように設定されています。

カード会社からの○日に再度引き落としを行いますという通知が届くので、それまでにお金を用意しておけばいいですね。

 

もちろん滞納をしてしまった段階で、連絡をすることで滞納金を支払うこともできます。

その場合には、損害遅延金がかからなかったりすることもあるので、滞納してしまった場合にはカード会社に連絡をしましょう。

 

何か月滞納すると裁判・差し押さえになる?

1か月ではそれほど問題にはなりませんが、何か月も返済を行わないと裁判や差し押さえになります。

厳密にはクレジットカード会社によって、対応は多少異なりますが、3か月が一つのタイムリミットだと思ってください。

3か月を過ぎると、「強制解約→一括返済の要求→裁判→強制執行(差し押さえ)」という流れになります。

ちなみに、リボ払い・分割払いでで支払っている分に関しても期限の利益の損失になので、一括で支払う必要が出てくるので注意してください。

 

裁判になって差し押さえられないようにするには?

裁判になった時としても、必ず差し押さえが実行されるとは限りません。

裁判になったら、しっかりと裁判に出て、業者と和解をすることが大事です。

裁判では、基本的には負けますが、その後の滞納金の返済については、相談で決めることになります。

相談の時に、支払い能力があるとみなされれば、分割での支払いに応じてくれますね。

分割できちんと支払っていけば、差し押さえは実行されません。

 

ただし、裁判に出なかったり、相談時に支払い能力がないとみなされたりした場合には差し押さえが実行されてしまうので気を付けてください。

クレジットカードの場合は、給料の差し押さえを行うことが多いです。

給料が差し押さえられるときには会社に借金のことがばれてしまうので、注意をしてください。

 

どう頑張ってもクレジットカードの支払いができない…

クレジットカードの支払いだけでなく、借金もある場合には、どう頑張ってもクレジットカードの支払いができないこともありますよね。

そうなった場合には、弁護士に相談をして債務整理を行うしかないでしょう。

債務整理を行うことで、確実に借金の返済額を減らすことができるので、借金に困っている場合には一度弁護士に相談をしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ