生活保護だと借金を返せない?返済方法は?

Fotolia_50236136_Subscription_Monthly_XXL_R

生活保護を受ける前に、収入が減ったからいきなり生活保護を受給するという人は少ないです。

その前に何かしらの兆候があることが多いですね。

例えば、リストラをされるにしても、その前の段階でボーナスがカットされたり、給料が減らされたりします。

こういった段階で、生活が苦しくなり、借金をしてしまう人は多いですね。

人間は収入が減っても依然と同じような暮らしを送りたくなる生き物なので、ある意味仕方がないとも言えます。

 

ただ問題となるのが、そういった人が生活保護を受給してしまうことです。

そもそも生活保護の申請の段階で、借金がある人は自己破産をすることが前提となるはずなのですが、審査基準については自治体ごとによって大きく違いますよね。

甘いところだと、多少問題があっても審査が通ってしまうみたいですからね。

 

そこでこの記事では、生活保護受給者の借金の扱いについて詳しく説明していきます。

  • 生活保護費を借金返済に使ってはいけない?
  • 返済方法とは?

生活保護費を借金返済に使ってはいけない?

もしも借金を抱えた状態で生活保護を受給したのであれば、生活保護費を返済に使ってはいけません。

生活保護のお金というのは必要最低限度の生活に必要なお金となっています。

それ以外のことにお金を使った場合は、生活保護費の需給を停止させられてしまいます

 

生活費に困って生活保護を受けたわけですから、止められたら困りますよね?

そうならないためにも、生活保護を受けているときには返済をしないようにしましょう。

もしも債権者から取り立てが来たら、生活保護を受けているということを証明してください。

放置していても、取ることはできないので、面倒な場合は放置でもいいんですけどね。

返済方法とは?

借金の返済はしてはいけないのですが、中には生活保護を受給しているときに借金をなくしたいと考える人もいますよね。

そういった場合には自己破産のみが受け付けられています。

自己破産であれば、借金を返済することなく、0にすることができるので、生活保護の状態でも可能なのです。

 

自己破産の手続きを弁護士に依頼をするときに、生活保護を受けていることを告げれば、法テラスの利用を勧められます。

また、生活保護受給者であれば、自己破産費用は免除されるので、実質的に0円で借金をチャラにすることができます

どうしても借金を整理しておきたいという人は弁護士に自己破産の依頼をしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ