借金の踏み倒しよりも弁護士に相談して返済するほうがいい!

Fotolia_56399442_Subscription_Monthly_XXL_R

借金の返済ができないと、返済のことで頭がいっぱいになりますよね。

返済できるだけの収入があれば、何とかなるかもしれませんが、膨れ上がった借金を返済するというのは非常に大変です。

利息を支払っていくだけでも精一杯という人も多いのではないでしょうか。

そんな状況になると、つい悪いことが頭をよぎりますよね。

 

「借金を踏み倒せば、お金の返済に困ることがなくなる」

 

こんな悪魔のささやきに、耳を傾けてしまいより苦しい生活に陥る人もいます。

というのも、借金の踏み倒しをするためにはいくつか手順が必要です。

  1. 居場所を分からなくする
  2. 一定の時間を経過する必要がある(多くの場合は5年で時効)
  3. 時効の援用の手続きをする

という3ステップで借金を踏み倒すことができます。

 

居場所が分かっている状態だと、裁判を起こされてお金を強制的に支払わされることがありますからね。

踏み倒すのであれば、居場所をわからなくする必要があります。

その後、時効を迎えるために一定の期間隠れて生活をする必要があります。

問題は、ここです。

 

隠れて生活するときに、住民票を移すことができないのです。

住民票を移してしまうと、業者に居場所がばれてしまうので、再び借金の督促が行われます。

それでは引越しをした意味がなくなってしまうので、住民票を移すことができないのです。

住民票を移せないと自治体のサービスや公的な手続きを行うことができません。

 

色々な手続きをするのに、住民票って使いますよね?

そんな大事な住民票が使えなくなると、こんな事態に陥ってしまいます。

例えば、

  • 子供が学校に行けない
  • 健康保険が使えなくなる
  • 免許の更新ができなくなる
  • まともなところに就職できなくなる

といったことになるでしょう。

 

まだ一部しか例に出していませんが、これらができないだけでも相当不便な思いをするでしょう。

借金を踏み倒すために、最低でも5年間もその生活に堪える必要があるのです。

5年はかなり長いので、途中で心が折れて、住民票を移してしまう人も少なくありません。

それでは結局借金を踏み倒すことができないので、無意味になりますね。

 

こういった無駄な行動をするよりも、弁護士に相談をして借金を整理したほうがいいです。

弁護士に相談をすれば債務整理を進められると思いますが、債務整理をすることによって今のあなたの状況にあった返済計画を立てることができます。

場合によっては借金の大幅な減額をすることも可能なので、返済に困っているのであれば、弁護士に相談をしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ