借金の踏み倒しは引っ越して住所を変えればOK?

Fotolia_48810693_Subscription_Monthly_XXL_R

借金の踏み倒すことを考えると、督促状などが届くのが大変なので、引越しをしてしまおうと考える人も多いです。

ある種の夜逃げみたいな感じで、逃げるということですね。

引越しをして住所を変えてしまえば、これ以上取り立てられることがなくなるのではないかと思いますからね。

 

そこで、この記事では借金の踏み倒すときの引越しと住所について詳しく説明していきます。

  • 引越しをすれば借金を踏み倒せる?
  • 住所変更を(住民票の移動を)してはいけない?

引越しをすれば借金を踏み倒せる?

引越しをして住所を分からなくすれば、確かに借金を踏み倒すことができる可能性は高くなるでしょう。

居場所が分からなければ借金の取立てを行うことができませんからね。

そういった意味では、引越しは非常に有効な手段だと思います。

 

また、借金取りが家にずっと張り付いているわけではないので、居場所がばれる心配もほぼありません。

ただし、借金を踏み倒す場合にはとても大事な注意点があります。

それについて次で説明します。

住所変更を(住民票の移動を)してはいけない?

住所変更、正確には住民票を新しい住所に移動させると、消費者金融業者やローン会社に居場所がばれます。

というのも、お金を貸す人は戸籍を見る権利があります。

 

「借金の取立てを行う」という理由で、戸籍を調べることができるので、住民票を移動させてしまったら場所が分かってしまいます。

居場所が分からなくなってしまった人は、定期的に戸籍を確認していますね。

本気で踏み倒すのであれば、住所変更をしないようにしましょう。

住所変更ができないとさまざまな不都合がある

住所変更をしないと、住民票が使えなくなるので公的なサービスを利用することができなくなってしまいます。

例えば、子供が学校に行けない、選挙権がなくなる、国民健康保険が使えなくなる、各種免許の更新ができない

などさまざまな不都合があります。

 

はっきり言って、普通の生活を送るのは難しくなるでしょうね。

こっそりと何とか生きていくというような形になるでしょう。

借金を踏み倒すのであれば、こういったのを覚悟した上で引越しをしてください。

まとめ

引越しをして、業者に住所が分からないようにすれば踏み倒すことができるでしょう。

しかし、借金の踏み倒しには、非常にデメリットが多いです。

 

借金の返済に困っているのであれば、正式な手続きで処理をするのが正しいやり方です。

そのやり方というのが弁護士に債務整理の依頼をすることですね。

債務整理をすることで、返済が可能なレベルまで借金の減額をすることができます。

返済ができなくて困っているのであれば、一度弁護士に相談をしてください。

きっとあなたの力になってくれますよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ