借金を踏み倒した場合、信用情報はどうなるの?

Fotolia_39541409_Subscription_Monthly_XXL_R

借金の返済ができないとなったときに踏み倒すことを考える人は少なくありません。

ある意味最終手段だと思いますが、それでもいくつか不安が残りますよね。

例えば、踏み倒した場合の信用情報はどうなるのかということが挙げられます。

信用情報に悪い情報が載ることを、ブラックリストに載るとも言いますよね。

 

そこで、この記事では借金を踏み倒した場合の信用情報について詳しく説明していきます。

  • 信用情報はどういう扱いになるの?
  • 時効の援用の手続きができない場合もある

信用情報はどういう扱いになるの?

借金を踏み倒す場合には、信用情報はどういう扱いになるのかといいますと、「延滞している」ということになります。

延滞情報は借金をしているところが適時更新を行うので、ずっと残るようですね。

 

昔は更新作業の手間もかかるので、一定の期間がたてば消えていたみたいです。

しかし、最近は金利が下がって利益が減ってきたためか、きちんと更新する用になっているようです。

なので、借金を踏み倒している場合は、ずっと信用情報が傷ついていると思ったほうがいいでしょう。
(ずっとブラックリストに載ったまま)

 

また、借金には時効がありますが、借金の返済義務をなくすには時効の援用の手続きを行う必要があります。

この手続きを行うことで、延滞の解消、完済に信用情報が変わるようですね。

延滞の解消の情報は、解消してから5年間は情報が載るようになっているので、「借金の時効の5年間+5年間=10年間」は信用情報が傷ついたままだと思ったほうがいいでしょう。

時効の援用の手続きができない場合もある

時効の援用の手続きをして始めて、踏み倒すことができたといえるのですが、必ずしも借金の時効である5年を超えれば手続きが行えるとは限りません。

というのも、いくつか時効が中断される条件があるのです。

 

例えば、裁判を起こされたり、差し押さえられたりすると時効が中断されるようになっています。

すると、時効だと思っていたのに、実は時効になっていなくて借金を支払うことになるということもあります。

遅延損害金や利息によって借金額は相当膨らんでいるでしょうね。

また、裁判が起こされていれば、給料や財産が差し押さえられる可能性も高いので、問答無用でお金を持っていかれます。

こういったリスク・不安もあるので、借金を踏み倒すよりもきちんと債務整理をして借金を減額したりチャラにしたりしたほうがいいですよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

 

そもそも借金を踏み倒すといういけないことをしておいて、再び借金をするというのはよくありません。

せめて公的に認められている方法で、借金を整理するべきです。

債務整理を行えば、自分の収入に見合った返済額になるので、そういった最低限の返済は行う必要があるでしょう。

借金の返済に困っているのであれば、一度弁護士に相談をしましょう。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ