借金を残して借主が死亡したら家族や連帯保証人はどうなる?

Fotolia_41650336_Subscription_Monthly_XXL_R

借金を残して家族(親、子供、兄弟など)が死亡した場合

借金を抱えたまま借主が死亡した場合、その借金は遺産扱いされます。

遺産は相続するかしないかを決めることができます。

なので、借金が多額の場合は相続破棄をすることでその借金を返済する必要がなくなります。

 

その時に借金のようなマイナスの遺産だけを相続しないということはできません。

例えば、貯金が500万円あって、借金が1000万円あった場合には、500万円だけ受け取って1000万円の借金は相続しないということはできないということです。

この場合には、総額で500万円の借金になるので、遺産を相続すると500万円の借金を背負うことになりますね。

 

なので、借金がある場合には貯金などのプラスの遺産と借金などのマイナスの遺産の合計した金額をみて判断するといいでしょう。

相続を破棄するには、遺産があることが分かってから3か月以内に行う必要があるので、分かった段階で速やかに手続きを行うようにしましょう。

>>借金を相続するときの注意点とは?

借主が死亡したら、連帯保証人が借金を支払う必要がある?

連帯保証人というのは、借主が支払うことができなくなった場合に代わりに返済をしていくものなので、死亡した場合も借主の代わりに借金を返済していく必要があります。

これは家族の時と違って遺産という扱いになるわけではないので、返済を放棄することはできず返済義務を負い続けることになります。

 

ちなみに、借主の家族が遺産を相続した場合には、家族に返済義務が生じるので、借主の家族が返済することができなくなった時に支払う必要が出てきます。

ただ多額の借金がある場合だと、相続破棄をすることが多いので、借金を代わりに支払うことになることが多いですね。

もしも借主が死亡したために借金を背負うことになって、返済することができないという場合には債務整理を行いましょう。

借金額によっては自己破産をしてしまった方が、生活が楽になりますからね。

自己破産以外にも借金を整理する方法はあるので、一度弁護士に相談をすることをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談したいならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ