商工ローンの借金は弁護士に債務整理の依頼をすれば大丈夫!

Fotolia_54328488_Subscription_Monthly_XXL_R

商工ローンは昔は非常に厄介な存在でした。

違法な取り立ては当たり前に行われており、警察に相談をしても、民事不介入ということでろくに相手をしてくれませんでした。

※お金の貸し借りは貸し借りをした本人同士の問題で刑事性がなく、民事の扱いとなっています。

また、弁護士に相談をしても商工ローンが厄介な存在過ぎるので、あまり手助けはできず、自己破産の手続きを急ピッチで進めることぐらいしかできませんでした。

 

しかし、商工ローンの違法な取り立てが社会問題となり、商工ローンや消費者金融に対してメスが入るようになりました。

その結果として、過払い金などが発生して取り返せるということになりましたよね。

その後は、法律による規制も厳しいですし、明らかに違法な取り立てを行うと警察も介入するようになったので、昔ほどの厄介な存在ではなくなりました。

そのため今は、弁護士に相談をすればすぐにでも問題を解決することができますよ。

 

弁護士には債務整理の相談をしましょう!

商工ローン(最近はビジネスローンとも呼ばれれている)は、事業者向けの消費者金融のようなもので、借金額がどうしても多額になりますよね。

いくら事業をしていると言っても、あまりに多額の借金になると利息の支払いだけで精一杯になることも多いです。

事業をしていると何かとお金がかかりますからね。

 

ただもう自力では返済できないほどに、借金が膨れ上がったのであれば、弁護士に債務整理の相談をするのがいいでしょう。

債務整理の手続きをすることで、借金大幅に減額した状態で事業を続けることもできます。

そのことを民事再生と言いますね。

事業は続けたいけれど、借金の返済に困っているという場合には、民事再生を選ぶことになるでしょう。

 

また、民事再生を行って借金を大幅に減らしても、返せる見込みがなければ破産をするしかありません。

破産をすれば、事業をたたむことになりますが、これから人生を再スタートさせることができます。

事業をたたむことを選ぶのは大変だと思いますが、それも一つの手段であるということは忘れないでください。

借金の返済ができないことを思いつめて自殺をしてしまう人もいますからね。

自己破産は国に認められている制度なので、特に後ろめたい思いをする必要はありません。

 

実際にはあなたの状況によってもどんな方法で借金を整理することになるのかが変わってくるので、とりあえず弁護士に相談をすることをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ