悪質な借金の取り立ては警察に連絡を

Fotolia_56399442_Subscription_Monthly_XXL_R

最近では規制も厳しくなっているので、厳しい借金の取り立てというのはほとんど見られません。

しかし、闇金などの違法な業者の場合、法律に関係なく取り立てを行う場合があります。

悪質な借金の取り立てが行われた場合は、弁護士よりも警察に相談したほうがいいですね。

弁護士は法律を使ってあなたを守るのが仕事で、物理的にあなたを守ってくれるわけではありません。

いざとなったら警察に相談しに行きましょう。

警察に相談するときのポイント

お金の貸し借りというのは、民事の問題となっているので、基本的には警察が介入できません。

例えば、友達にお金を貸したが返してくれないという場合に、警察に取り立てを行ってもらうみたいなことはできないということです。

民事の場合は、当事者同士で解決するのが基本です。

 

しかし、暴力行為や恐喝などの悪質な取り立てが行われた場合には、刑事事件となるので警察を頼ることができます。

この時に、何の証拠もなしに相談をしても、具体的に何か対策をしてくれるとは限りません。

できれば、何か証拠を手に入れてから警察に行くようにしましょう。

例えば、電話での取り立てが恐喝まがいの言葉を使ってくるという場合には、その電話を録音して警察に渡すようにしましょう。

どんな取り立てなら警察に相談できる?

上の方でも書きましたが、お金の貸し借りは民事なので、必ずしも警察に相談できるとは限りません。

暴力行為や恐喝、貸金業規制法違反の場合は警察に相談することができるでしょう。

>>貸金業規制法による取り立てのルールとは?

 

これ以外の場合は、警察に相談しても相手にしてもらえない可能性があります。

例えば、1日に1回電話での取り立てがある

これくらいならば、規制の対象にならない可能性が高いので無理ですね。

法律違反をしていない取り立てに対しては警察に相談をしても何も解決しません。

 

本来であれば、借金を返済するのが一番の解決策となります。

借金を返済することができれば、取り立てに悩まされることもなくなりますからね。

ただお金がないという場合には自分でどうにかすることができないというのも事実です。

 

それで借金が返済できないという場合には、借金について弁護士に相談するといいでしょう。

あなたが返済できる計画を立てて、業者と交渉をしてくれたり、借金を大幅に減らす手続きをやってくれたりします。

また、弁護士に依頼をすれば、あなたへの取り立てもストップするので、取り立てから怯えることもなくなりますよ。

借金に困っているのなら、一度弁護士に相談しましょう。

>>無料・匿名で弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ