借金を延滞・滞納するとどうなる?延滞金を減額できる?

  • 借金を延滞するとどうなってしまうのか?
  • 借金を延滞した場合一括請求されるって本当?
  • 借金を滞納すると裁判を起こされて差し押さえられてしまう?
  • 借金を延滞した場合延滞金を免除することはできるのか?
  • 借金を延滞した場合信用情報はどうなるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では借金を延滞・滞納した場合について詳しく説明していきます。

1.借金を延滞・滞納した場合どうなるのか?

借金を延滞したら、ひどい取り立てにあって怖い思いをするのではないかと想像する人もいますが、すぐにそんなことにはなりません。

闇金は別ですが、消費者金融や銀行であればそこまで怖い思いをすることはないでしょう。

昔は消費者金融でも怖い思いをした人もいるみたいですが、今は取り立てにも制限があるのでそこまで厳しいものはないようです。

※闇金の場合は、違法であることを承知の上でやっているので、どんな手を使ってくるかわかりません。

・借金を延滞した場合の取り立てステップ1:電話やはがきで連絡が来る

消費者金融やクレジットカード会社などであれば、まずは電話がかかってきます。

「返済が遅れていますが、どうなっていますか?」みたいな優しい感じで最初は聞いてきます。

電話と同時にはがきを送ってくるパターンもあります。

この時点で返済できる場合は特に大きな問題は起こりません。

中にはうっかり支払いを忘れてしまったという人もいるので、それほどペナルティは大きくないです。

数日程度の借金の延滞の場合は、なるべく早めに貸金業者に連絡をして、支払いを済ませてしまいましょう。

・借金を延滞した場合の取り立てステップ2:内容証明郵便による一括請求

支払日から61日以上延滞し続けた場合、貸金業者から内容証明書郵便による督促状が自宅に送られてきます。

その督促状では一括請求をされてます。

督促状が届いたら滞納したお金だけでなく、残っているすべての借金を一括返済する必要があります。

散々連絡をしたのにもかからわず、借金の延滞を続けているわけですから、しびれを切らした状態です。

その段階で交渉をしても、うまくいかないことが多いので、こうなる前にきちんと返済をしましょう。

・借金を延滞した場合の取り立てステップ3:裁判を起こされて差し押さえ

一括請求されて、残った借金を一括返済できない場合は、裁判を起こされます。

裁判を起こされると法的な強制力が生まれるので、強制執行によって財産や給料の差し押さえを行われる可能性があります。

給料の差し押さえとなると会社にその情報が伝わってしまうので、いろいろと嫌な思いをすることになるでしょう。

借金の延滞をし続けても逃げることはできず、最終的には差し押さえで強制的に借金の返済をさせられることになります。

2.借金を延滞・滞納した場合、信用情報はどうなるのか?

借金を延滞した場合、信用情報には延滞の情報が載ることになります。

これは1日でも返済に遅れた場合、延滞の情報が載る可能性があります。

何日遅れから延滞の情報を信用情報機関に登録するかは、貸金業者によって変わります。

数日遅れ程度では、延滞の情報すら載せないこともあります。

 

この延滞の情報は1回程度であればそれほど悪影響を及ぼしません。

過去2年間の情報を見た時に、1回だけ延滞をしている場合、うっかり支払いを忘れたのだろうと判断することが多いです。

そのためローンやクレジットカードの審査が通らなくなるということはありません。

・借金の返済を61日以上延滞を続けているとブラックリストに載る

延滞の情報であれば、それほど悪影響を及ぼすことはないのです。

しかし、ブラックリストに載るとローンやクレジットカードの審査がほとんど通らなくなります。

どのタイミングでブラックリストに載るのかと言いますと、61日以上の延滞です。

ブラックリストに載りたくないという場合は、なるべく早めに返済をしましょう。

3.借金の延滞金を減額することはできるのか?

借金を滞納すると、遅延損害金というお金が科せられることになります。

迷惑料みたいなもので、本来返すべきときに返さないわけですから、仕方ありませんね。

それで、遅延損害金をできれば支払うとなると返済がより厳しくなるので減額することはできないのかと考える人も少なくありません。

 

遅延損害金については、早めに支払うことで免除してくれる可能性があります。

例えば、数日遅れ程度では延滞金なしで大丈夫という貸金業者があります。

なので、延滞金をなるべく支払いたくないのであれば、1日でも早く貸金業者に連絡をすることをお勧めします。

 

また延滞金を含めた借金全体の減額を行いたいのであれば、弁護士に債務整理を依頼するという方法もあります。

債務整理を行えば、借金の減額し、場合によっては0円にすることもできるのです。

債務整理の手続きが複雑で大変なので、専門家である弁護士に依頼をするのが一番スムーズに進みます。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ