借金を延滞するとどうなる?延滞金を減額することができる?

Fotolia_47945691_Subscription_Monthly_XXL_R借金を延滞したら、ひどい取り立てにあって怖い思いをするのではないかと想像する人もいますが、すぐにそんなことにはなりません。

闇金は別ですが、消費者金融や銀行であればそこまで怖い思いをすることはないでしょう。

昔は消費者金融でも怖い思いをした人もいるみたいですが、今は取り立てにも制限があるのでそこまで厳しいものはないようです。

※闇金の場合は、違法であることを承知の上でやっているので、どんな手を使ってくるかわかりません。

 

それで消費者金融等であれば、まずは電話がかかってきます。

「返済が遅れていますが、どうなっていますか?」みたいな優しい感じで最初は聞いてきます。

その連絡を無視し続けて借金の返済もしなければ、次は郵便、その後は法的手続きに移るでしょう。

 

裁判を起こされてそれも無視してしまうと無条件で負けてしまうので、給料の差し押さえを行われる場合があります。

給料の差し押さえとなると会社にその情報が伝わってしまうので、いろいろと嫌な思いをすることになるでしょう。

法的手続きに移られると大きく日常生活に影響が出てしまいますが、その前の段階で一つあります。

それがブラックリストに載るということです。

 

一般的には3か月延滞すると事故情報として信用機関に情報が載り、ブラックリストに載ったということになります。

ブラックリストに載ると、新しくお金を借りたり、クレジットカードを作ることが難しくなるので注意してください。

>>ブラックリストに載るデメリットとは?

延滞金を減額することはできるのか?

借金を滞納すると、遅延損害金というお金が科せられることになります。

迷惑料みたいなもので、本来返すべきときに返さないわけですから、仕方ありませんね。

それで、遅延損害金をできれば支払うとなると返済がより厳しくなるので減額することはできないのかと考える人も少なくありません。

損害金については、交渉でなんとかなる場合もあります。

ただ普通にお願いするのでは当然無理なので、「〇○円(残りの借金額)であれば○日までに一括で返済をするので遅延損害金を免除してもらえませんか?」みたいな感じで交渉しましょう。

相手にもメリットがないと、本人が交渉をすることは無理ですね。

 

また本人だと無理ですが、弁護士に依頼をすることで借金の減額をすることは可能です。

債務整理を行えば、借金の減額、場合によっては0円にすることもできるのです。

個人でも可能ですが、手続きが複雑で大変なので、専門家である弁護士に依頼をするのが一番スムーズに進みますよ。

>>借金を滞納をしていても債務整理や過払い金を請求できる?

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ