学生の借金が返済できなくてヤバイ!誰に相談すればいいの?

Fotolia_39452177_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 学生の借金が払えない時どうすればいいのか?
  • 学生の借金が返済できない時誰に相談をすればいいのか?
  • 大学生が借金返済できない時は自己破産をするしかない?
  • 学生の借金が払えない時親に頼るのはありなのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では学生の借金が返済できない場合について詳しく説明していきます。

1.大学生が借金地獄にはまってしまう理由とは?

大学生になると、クレジットカードを持つことができるし、バイトをしていればキャッシングまで使うことができますよね。

大学生になると多くの制限がなくなり、一人暮らしを始めたり遊びの自由度が上がったりします。

そして、ほしいものを買ったり、友達と遊びに行ったりするとなんだかんだ言ってお金がかかります。

また中にはパチンコや・スロット、麻雀などのギャンブルを始める大学生もいますよね。

 

バイトで稼いだ給料やお小遣いの範囲内でやりくりをするのであれば、特に問題はありませんが、大学生になるとお金の自由度も上がります。

例えば、クレジットカードやキャッシング(消費者金融)を利用することができます。

クレジットカードはとても便利なので、つい使ってしまいますが、お金を使った感覚があまりないので、物を買いすぎてしまうことがあります。

それで返済日になって、お金がないことに気が付き、どうしようと悩んだ末にキャッシングに手を出す。

このパターンで借金を作ってしまう大学生は結構います。

 

また最初はキャッシングで少額しか借りない大学生が多いですが、使っているうちにキャッシングが自分の貯金であるかのように錯覚します。

そうなると問題で、ちょっと欲しいものがあったりするとすぐにキャッシングで借金するようになってしまうのです。

キャッシングは利息が高いので、お金を借りるとすぐに生活が苦しくなります。

生活が苦しくなり始めてようやく借金が膨らんでいることに気が付き、どうしようかと焦ってしまう大学生が多いですね。

 

もしもキャッシングやカードローンで借金をしていて、返済することが難しいのであれば以下のような方法をとるといいでしょう。

2.大学生で借金が返済できない時どうすればいい?

・大学生が借金返済できない時の対処方法1:親に相談する

大学生であれば、まだ経済的に完全に自立しているわけではないので、親に相談をして助けてもらうのも一つの手でしょう。

親であれば子供のことがかわいいので、借金を代わりに返済してくれることもあるでしょう。

そうすればひとまず、借金問題を解決することができます。

 

親が借金の肩代わりをしてくれた場合、その後の生活態度は改める必要があります。

借金を肩代わりしてもらったのにもかかわらず、以前と同じような大学生活を送ってはいけません。

クレジットカードを使って買い物をしたり、キャッシングを利用したりすることは控えたほうがいいでしょう。

特にキャッシングはカードを解約したほうがいいですね。

 

社会人になれば収入も増えてほしいものを買うことができるので、大学生の間はおとなしくバイト収入の範囲内でやりくりをすることを心がけましょう。

親に頼りたくない、実家の家計の状態が良くない、親との関係が悪いという大学生の場合は他の方法を取りましょう。

・大学生が借金返済できない時の対処方法2:社会人になってから借金返済を行う

大学生のうちだと、バイトを頑張ったとしてもせいぜい10万円程度です。

きつい仕事をやりまくれば、もっと稼げるかもしれませんが、学生の本業は勉強です。

勉強がおろそかになって単位を落としたり、留年したりしてしまっては元も子もありません。

もし借金が原因で退学なんてしたら、それまでの学費をドブに捨ててしまったようなものです。

はっきり言ってそっちの方が損害は大きいので、まともな日常生活が送れないようなバイトはやらない方がいいでしょう。

 

学生の間に無理に収入を増やすのではなく、将来収入が増えた時に返済するようにするのです。

現段階で借金を返済していくのが難しいのであれば、月々の借金額を最低レベルまで落とし、利息を返済していくような返済プランを立てましょう。

それで学業をがんばり、より良い就職先を見つけ、社会人になってから借金を返済するようにしましょう。

社会人になれば、学生のころよりも収入が増えるので借金を返済しやすくなります。

ボーナスが出ればそれで一括で借金を返済することも可能です。

 

学生時代に借金のつらさを知っておけば、社会人になった時に痛い目を見にくくなるので、これを教訓にお金の使い方を学びましょう。

・大学生が借金返済できない時の対処方法3:債務整理を行う

生活費を切り詰めても、借金の利息を払うことすら難しいという大学生の場合には、債務整理を行うという手があります。

債務整理を行うことで借金の返済額を減らすことができ、大学生でも無理なく借金が返済できるようになります。

債務整理とは、いくつか種類があるのですが、学生の借金となると「任意整理」を選択することになるでしょう。

あまりに借金額が多い大学生の場合には、自己破産をすることになりますが、そこまでは多額の借金を抱えてしまう大学生はめったにいません。

どうしても借金が返済できないという場合には、大学生でも弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

3.大学生が任意整理をするとどうなるのか?

大学生が弁護士に依頼をして任意整理をすると、将来支払う必要のある利息を支払わなくてもよくなります。

つまり、今の借金の元本を返済するだけでよくなるのです。

 

原則3年(最大5年)で今の借金を返済していく計画を立てることになります。

毎月の返済額をざっくり計算するのであれば、今の借金額を36~60分割すれば分かりますね。

仮に100万円の借金があるのであれば、

100万円÷36か月=約2.78万円

月々3万円以下の返済で、3年で完済することができるという計算になります。

月々3万円であれば大学生でも少しバイトをがんばる程度で返済することができるでしょう。

 

こういったメリットはありますが、任意整理にはデメリットもあります。

ブラックリストに5年間載るというものです。

ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードやキャッシングを利用できなくなります。

 

クレジットカード会社のキャッシング等を利用していないのであれば、今持っているカードがそのまま使えることもあります。

金銭的に迷惑をかけていなければ、特に問題視することがないということです。

クレジットカードカード会社としても顧客がいなくなると利益が減りますからね。

※ただし、これはあくまでそのまま使える場合もあるということで絶対に使えるというわけではありません。

 

一見クレジットカードやキャッシングが使えなくなるとものすごく不自由な感じがしますが、現金であれば何でも買えるのでそこまで問題ということではありませんよ。

また、早めに整理しておけば、その分再び使えるようになるのも早くなります。

大学生の間に債務整理をすれば、20代で再び使えるようになるので、将来住宅ローンや自動車ローンを組むときには影響しにくくなります。

正直な話、借金の返済に困っているのであれば、大学生の間中にやった方がいいでしょう。

 

それで任意整理をする場合には、弁護士がキャッシング会社との間に入って交渉をします。

弁護士の交渉力に影響されるので、できれば債務整理に強い弁護士に相談することをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ