借金踏み倒しのデメリットやリスクとは?

Fotolia_50236136_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 借金を踏み倒すときにどんなデメリットがあるのか?
  • 借金を踏み倒すときどれくらいの期間逃げ続ければいいの?
  • 借金を踏み倒すことにどんなリスクが付きまとうのか?
  • 借金の踏み倒しのデメリットが嫌な場合どうすればいいのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では借金の踏み倒しのデメリットについて詳しく説明していきます。

1.借金の踏み倒しのデメリットやリスクとは?

借金を踏み倒すのであれば、借金が時効扱いされるまで逃げ続ける必要があります。

その後時効援用の手続きを行うことで、合法的に借金を踏み倒すことができます。

貸金業者からの連絡を無視し続ければ、借金を踏み倒すことができるなんて思っている人がいますが、そう簡単にはいきません。

 

本来借金をしたのであれば返済するものなわけですから、それを強引に踏み倒すにはそれ相応やリスクがあるので、気を付けてください。

  • 15年逃げ続けなければいけない
  • 住民票を移すことができない
  • 借金が膨らみ続ける
  • ブラックリストに載ったまま

・借金踏み倒しのデメリット1:15年逃げ続けなければいけない

借金を踏み倒すのであれば、借金の時効である5年を迎えればいいと思ってしまいがちです。

しかし、多くの場合は貸金業者はあなたを裁判で訴えてきます。

裁判を起こされた場合、時効は一時的に中断されます。

その期間は最大で10年間となります。

借金の時効となる5年+時効の中断の10年

合計で15年間、逃げ続ける必要があります。

 

また裁判を起こされたのであれば、強制執行による財産や給料の差し押さえが実行されます。

15年もの間、貸金業者に居場所がばれないように、こそこそと怯えながら生活していく覚悟は必要です。

・借金踏み倒しのデメリット2:住民票を移すことができない

貸金業者からの連絡を無視し続けるには、引っ越しをして住所を移す必要があります。

しかし、引越しの際に住民票を移してしまったら、あなたの居場所が分かってしまいます。

貸金業者は借金をした人の住民票を見ることができる権利があるのです。

なので、借金を踏み倒すためには、引っ越し後住民票を移してはいけないのです。

 

最大で15年間、住民票を使うことなく生活しなければいけないので、非常に不便な思いをするでしょう。

例えば、社会保障を受けることができなくなったり、各種免許の更新ができなくなったりします。

就職する際に住民票が必要な場合もあるので、そうなるとろくな会社で働くなくなる可能性があります。

・借金踏み倒しのデメリット3:借金が膨らみ続ける

あなたが逃げている間も、利息や遅延損害金は発生するので、借金は増え続けることになります。

つまり、借金を踏み倒すことができず、途中でバレた場合には多額の借金を抱えることになるのです。

貸金業者から逃げ続けるのが大変なのに、もしもばれたにはリスクはどんどん上がっていくというわけです。

・借金踏み倒しのデメリット4:ブラックリストに載ったまま

借金を踏み倒すために、貸金業者の返済を滞納し続けていると、ブラックリストに載ったままとなります。

ブラックリストに載っていると、新しく借金をしたり、クレジットカードが使えなくなります。

ブラックリストの情報を消すためには、借金の時効を迎えて、時効援用の手続きをしてから、5年間経過する必要があります。

つまり、20年間はブラックリストに載った状態になるということになります。

2.借金の踏み倒しをせずに借金の返済から解放される方法とは?

以上のように、借金を踏み倒すにはデメリットやリスクが高いです。

こういったリスクにおびえながら生活するよりも、いっそのこと債務整理をしてきちっと借金を整理したほうが穏やかな生活を送ることができます。

債務整理をすれば、今よりも返済が楽になりますし、自力で借金が返済できないようであれば借金を0にすることもできます。

債務整理をした場合もデメリットとして、ブラックリストに載りますが、その期間は5~10年ほどです。

借金を踏み倒す場合よりもはるかに短い期間です。

もし借金返済について困っているのであれば、とりあえず弁護士に相談することをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ