クレジットカード現金化後は債務整理ができなくなるって本当?

Fotolia_56297955_Subscription_Monthly_XXL_R

  • クレジットカード現金化後に弁護士に債務整理の依頼をするときの注意点とは?
  • クレジットカード現金化をすると任意整理ができなくなるのか?
  • クレジットカード現金化をすると個人再生の認可が下りなくなるのか?
  • クレジットカード現金化をすると自己破産の免責が認められないのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では、クレジットカード現金化と債務整理について詳しく説明していきます。

1.クレジットカード現金化後に弁護士に債務整理の依頼をすることはできるのか?

クレジットカード現金化はキャッシングなどでお金が借りられないけど、現金が必要という場合に使われます。

そのせいでクレジットカード現金化を行うと、後で痛い目を見ることが多いです。

クレジットカード現金化をしても借金が減ることはなく、むしろ増えるわけですからね。

お金を借りることもできない、クレジットカードのショッピング枠もなくなったとなったら、もうどうしようもありません。

 

借金の返済に困ったときに有効な手段として、債務整理というのがあります。

債務整理を弁護士に依頼すれば、借金を減額することができるので、なんとか地獄の借金生活から抜け出すこともできるでしょう。

 

しかし、「クレジットカード現金化は違法だって聞いたけど弁護士に相談して大丈夫?」という心配をしている人も多いと思います。

クレジットカード現金化は完全に違法というよりも、グレーゾーンですし、利用者で逮捕された人は今のところいません。

弁護士に債務整理の相談をしに行っても大丈夫です。

 

ただクレジットカード現金化後に債務整理ができるかどうかは、債務整理の種類によって変わります。

そこでクレジットカード現金化後のそれぞれの債務整理について詳しく説明していきます。

2.クレジットカード現金化後の任意整理について

任意整理というのは、弁護士が債権者(業者など)と交渉をして借金の減額などを行う方法です。

多くの場合ではクレジットカード現金化を行っていても、任意整理は受け付けてくれることが多いです。

クレジットカード現金化を行ったことが、クレジットカード会社にばれている場合は、交渉が難しくなります。

しかし、クレジットカード現金化がバレている場合には、強制解約になります。

クレジットカード現金化をしてもクレジットカードが使えるのであれば、任意整理で交渉の余地はあると思います。

ただ弁護士には任意整理を依頼する際に、クレジットカード現金化を行ってしまったことを正直に話しておいた方がいいでしょう。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

3.クレジットカード現金化後の個人再生について

個人再生は、裁判所を利用して借金を大幅に減額して残りの借金の返済を行う方法です。

これと特徴としては、借金の理由については不問ということです。

なので、クレジットカード現金化を行っていても、それを理由に個人再生ができないということはないでしょう。

もしも個人再生が無理そうな場合は、他の原因が考えられます。

4.クレジットカード現金化後の自己破産について

自己破産は多くの人が知っていると思いますが、借金をチャラにすることができます。

ただしこの時にはいくつかの条件があり、場合によっては借金がチャラにならないこともあります。

その条件のことを免責不許可事由と言います。

破産法第252条の免責不許可事由の個所でこのように書かれています。

第二百五十二条 裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

二 破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担し、又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。

この箇所がクレジットカード現金化に当てはまります。

クレジットカード現金化をしていると、免責不許可事由というのに当てはまり、自己破産をしても借金をチャラにすることができません。

通常、返済できないほどの多額の借金を抱えている場合には自己破産を選択するのですが、クレジットカード現金化を行っている場合は、自己破産をすることが難しくなります。

・クレジットカード現金化後でも自己破産ができる場合もある

原則としてはクレジットカード現金化を行うと自己破産では免責が認められません。

しかし、自己破産には裁量免責があります。

裁量免責とは、免責不許可事由に当てはまることがあっても、裁判官の判断によって免責を認めることができる制度となります。

1回目の自己破産であれば、クレジットカード現金化を行っていても免責が認められる可能性も十分にあります。

ただ通常の自己破産よりも免責が認められにくくなるので、債務整理に強い弁護士に相談をする方がいいです。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

・まとめ

クレジットカード現金化は現金化する側にも違法性があるのですが、今のところ逮捕者は出ていません。

なので、弁護士に相談をするからと言って捕まるわけではありません。

ぶっちゃけ弁護士としても、警察に突き出すよりも、借金問題を解決したほうがお金になりますからね。

 

クレジットカード現金化を行うと債務整理ができなくなると言われていますが、実際にはほとんどの場合債務整理を行うことができます。

どうしても借金の返済ができないようであれば、債務整理を弁護士に相談することをお勧めします。

きっと苦しい借金生活から解放される道筋がみえるようになりますよ。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ