クレジットカード現金化後に債務整理を行うことはできるか?

Fotolia_56297955_Subscription_Monthly_XXL_R

クレジットカード現金化を行うと、後で痛い目を見ることが多いですよね。

クレジットカード現金化をしても借金が減ることはなく、むしろ増えるわけですからね。

お金を借りることもできない、クレジットカードのショッピング枠もなくなったとなったら、もうどうしようもありません。

 

そんなときに有効な手段として、債務整理というのがありますよね。

債務整理を行えば、借金を整理することができるので、なんとか地獄の借金生活から抜け出すこともできるでしょう。

しかし、「クレジットカード現金化は違法だって聞いたけど弁護士に相談して大丈夫?」という心配をしている人も多いと思います。

 

そこでこの記事ではクレジットカード現金化をした場合の債務整理について詳しく説明していきます。

  • 任意整理について
  • 個人再生について
  • 自己破産について

任意整理について

債務整理にはいくつか種類があるので、それぞれ順に紹介していきます。

それで任意整理というのは、弁護士が債権者(業者など)と交渉をして借金の減額などを行う方法です。

これは任意で行うわけですが、多くの場合ではクレジットカード現金化を行っていても、受け付けてくれることが多いです。

 

クレジットカード現金化を行ったことが、クレジットカード会社にばれている場合は、交渉が難しくなりますが、ばれていなければ大丈夫だと思います。

ただ弁護士には正直に話しておいた方がいいでしょう。

個人再生について

個人再生は、裁判所を利用して借金を大幅に減額して残りの借金の返済を行う方法です。

これと特徴としては、借金の理由については不問ということです。

なので、クレジットカード現金化を行っていても、それを理由に個人再生ができないということはないでしょう。

もしも個人再生が無理そうな場合は、他の原因が考えられます。

自己破産について

自己破産は多くの人が知っていると思いますが、借金をチャラにすることができます。

ただしこの時にはいくつかの条件があり、場合によっては借金がチャラにならないこともあります。

その時の条件の一つに、クレジットカード現金化があります。

クレジットカード現金化をしていると、免責不許可事由というのに当てはまることがあります。

 

免責不許可事由に当てはまると、借金をチャラにすることができません。

通常、返済できないほどの多額の借金を抱えている場合には自己破産を選択するのですが、クレジットカード現金化を行っている場合は、自己破産ができないです。

ただ現金化した金額によっては、自己破産ができる場合もあるので、一度弁護士に相談をすることをお勧めします。

 

まとめ

クレジットカード現金化は現金化する側にも違法性があるのですが、今のところ逮捕者は出ていません。

なので、弁護士に相談をするからと言って捕まるわけではありません。

ぶっちゃけ弁護士としても、警察に突き出すよりも、借金問題を解決したほうがお金になりますからね。

 

もしクレジットカード現金化をしても借金の返済に困っているようであれば、一度弁護士に相談をすることをお勧めします。

きっと苦しい借金生活から解放される道筋がみえるようになりますよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ