借金があると年金は免除になる?

Fotolia_56297955_Subscription_Monthly_XXL_R

多額の借金があると、利息の支払いだけでも非常に大変で、毎日の節約を意識しながら生活する必要がありますよね。

「収入=生活費+借金返済額」となっていればまだいい方で、赤字になっている人もいるのではないでしょうか。

なんとか借金をして生活をつないでいるという状態です。

 

そんな厳しい状況の中で年金の支払いというのは、とてもきついですよね。

特に今となっては将来的にもらえるかどうかも分からないですし、仮にもらえたとしても今よりも少ない金額しかもらえないことが明らかですからね。

そんな状況のために、「年金を支払いたくない」と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

ただ年金には免除制度というのがあります。

そこでこの記事では年金の免除制度について詳しく説明していきます。

  • 借金を理由に年金を免除してもらうことはできる?
  • 年金免除の条件とは?

借金を理由に年金を免除してもらうことはできる?

いくら借金が原因とはいえ、生活に困っているのであれば、免除されるんじゃないか?と思う気持ちはよく分かります。

しかし、残念ながら借金が理由で年金が免除となることはありません。

借金をするというのは、自分の生活に見合っていないものを手に入れているということですからね。

国としては節約して支払うように命じるでしょう。

 

年金免除の条件とは?

それではどんな場合であれば、年金が免除されるのかということをもう少し詳しく説明していきます。

年金が免除されるかどうかというのは、「前年の所得」です。

※所得とは、社会保険料などを引いたものです。

これが一定以下であれば、全額もしくは一部免除となります。

免除の種類 免除後の納付額 免除の条件
全額免除 0円 (扶養親族の数+1)×35万円+22万円
4分の3免除 月額3760円 78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
2分の1免除 月額7510円 118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
4分の1免除 月額1万1270円 158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

この条件を満たすことができれば、年金の免除が可能となります。

 

具体的な数字を入れてみますと、

単身の場合

  • 全額免除…57万円
  • 4分の3免除…93万円
  • 2分の1免除…141万円
  • 4分の1免除…189万円

となります。

 

これは借金をしていても、していなくても同じ条件となっています。

ちなみに、自分に収入がなくても家族に収入があると、支払わなければいけないのでその点は注意しましょう。

まとめ

借金をしていて生活が苦しいからと言って、年金が免除になることはありません。

年金が免除されるかどうかは、前年の所得が基準となります。

 

もしも借金の返済に苦しければ、年金の支払いをどうするかではなく、借金の方をどうにかしたほうがいいですね。

借金については、債務整理をすることで借金額を減らすことができるので、返済が楽になります。

返済が楽になれば、年金の支払いの余裕ができると思うので、一度弁護士に相談をしてみることをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ