年金受給者の借金返済!払えない場合どうすればいいの?

Fotolia_50236406_Subscription_Monthly_XXL_R

年金受給者であっても、お金を借りられるところはあります。

年齢制限があるので、誰でも借りられるわけではありませんが、69歳未満であれば借りられるところもありますね。

また、年金をもらう前で普通に働いているときに借金が残っているということもありますよね。

そうなると自然と年金で借金の返済を行うことになります。

ただ中には年金があまりもらえず、生活が苦しいという人もいるでしょう。

 

もしも年金受給者が借金の滞納をした場合どうなるのか、対処法などについて詳しく説明していきます。

  • 年金受給者が借金の滞納をするとどうなるの?
  • 年金で借金が払えない場合の対処方法について

年金受給者が借金の滞納をするとどうなるの?

借金の返済を滞納してしまった場合、一番怖いのは年金の差し押さえですよね。

通常であれば最悪の場合、裁判を起こされて差し押さえになりますからね。

ただ安心してほしいのは、年金は差し押さえられません

 

年金を差し押さえることは法律で禁じられているので、例え借金を支払っていなくても差し押さえられることはありません。

ただし、年金が振り込まれた後のお金というのは、ただの貯金になり差し押さえられる可能性があるので注意してください。

また他にも家や土地などがある場合には、差し押さえの対象になっているので注意してください。

 

年金で借金が払えない場合の対処方法について

このように借金を滞納すると、年金は差し押さえられなくても、口座や家などが差し押さえられてしまう危険性があります。

そのためいくら借金が支払えないからといって、放置するのはよくありません。

 

それで、もし借金の返済ができそうにないのであれば、弁護士に相談をしましょう。

その時には債務整理をすることになりますね。

債務整理をすると、借金を減額することができるので、年金しか収入がない場合で、減額後の借金をきちんと返済することができるでしょう。

 

債務整理をするデメリットとして、信用情報が傷つくというのがありますが、これは主に借金をするときに関係するものです。

年金をもらう年齢ということは、もうすでに借金をすることが難しくなっているので、実質的にデメリットはないようなものですね。

なので、安心して弁護士に債務整理の相談をするといいでしょう。

きっと問題解決への道が見えますよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談をするならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ