借金の利息を減らしたり止めたりの相談はできるのか?

Fotolia_46102727_Subscription_Monthly_XXL_R借金の返済が苦しくなってくると、

「せめて利息だけでも減らしたい」

「利息を止めることはできないのか」

という思いになることは珍しい話ではありません。

 

しかし、消費者金融業者やカード会社に直接、

「利息を減らしてもらえないでしょうか?」
「今支払うことができないので、利息を止めて頂けませんか?」

みたいな相談をしても、却下されるのが目に見えています。

はっきり言って、利息を止めたり減らしたりことは個人では難しいです。

というよりも、基本的に無理だと思った方がいいですね。

 

もしも減らしてくれるとなったら、みんなやるので、当然会社の利益が減ります。

消費者金融業者やカード会社がお金を貸すのは、あくまでお金を稼ぐためです。

人助けのために貸しているわけではないので、損害に繋がるようなことは基本的にはやらないと思った方がいいでしょう。

 

しかし、だからといって返せない借金について、あなたは悩むことはありません。

それは相談するべき相手を間違えているのです。

業者に対して相談をしても受け付けてもらえないので、別のところに相談をするべきなのです。

借金に困った時に相談するべき相手については次で説明します。

借金の相談相手について

借金の返済に困っているのであれば、「弁護士」に相談をするのが一番です。

弁護士に相談をすることで、「任意整理」と言って借金の利息をカットして残りの借金を返済することが可能になります。

つまり、利息を支払わなくてもよくなるので、返済が一気に楽になります。

今の借金を3~5年での分割で無理なく支払えるような返済計画を立ててもらえます。

これは弁護士ならではの知識と交渉力があるおかげで、普通の個人では交渉もできるのです。

 

任意整理が無理な場合は、借金の大幅減額ができる個人再生や借金をチャラにする自己破産を選択することになるでしょう。

もちろん弁護士に任意整理の依頼をすれば、お金はかかりますが、カットできる利息金額の方が大きいので、結果的に支払うお金は少なくなります。

「借金を支払っていくのが難しい」という場合には、とりあえず弁護士に相談することで解決の糸口が見つかりますよ。

>>匿名・無料で借金問題に強い弁護士に相談するならこちら

遅延している場合の利息はどうなるの?

借金の返済は滞らせない方がいいのですが、すでに借金の支払いを滞らせているという場合があります。

この場合の利息の扱いにはどうなるのかと言いますと、

本来であれば、支払いが遅れれば遅延損害金を支払う必要があります。

しかし、遅延している状態で弁護士に相談した場合、弁護士の交渉によって遅延損害金を支払う必要がなくなるケースの方が多いです。

 

というのも、任意整理において返済計画を立てるとき、最終取引日を基準に計画を立て、その計画をもとに業者と交渉をします。

最終取引日以降の遅延損害金を返済の計算の中に入れないようにしているというわけです。

そのため、遅延が発生している状態で弁護士に相談することで、余計なお金を支払わなくてもよくなります。

 

何年も支払いを滞らせていたら、いくらか払わなければいけないかもしれませんが、数か月程度ならば頑張って支払わないように交渉してくれるでしょう。

なので、借金の返済が滞っている人ほど借金について弁護士に相談するといいでしょう。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ