借金裁判の代理人は弁護士だけ?司法書士は無理?

Fotolia_56399442_Subscription_Monthly_XXL_R借金についての裁判について、不安が多いようであれば代理人を立てることは有効な手です。

しかし、家族や友人に代わりにやってもらうことはできません。

代理人になる権利は弁護士司法書士にしかありません。

ただ司法書士の場合は借金額が140万円以下で簡易裁判所での裁判である必要があります。

140万円を超えたり、簡易裁判所以外での裁判には代理人になってもらうことができないので注意してください。

 

基本的には代理人は経験豊富なことが多い弁護士に依頼をするのがいいでしょう。

いざとなった時に経験不足なことが痛手になることがありますから、安心して任せるためにもプロである弁護士に依頼をしましょう。

弁護士であれば誰でもいいのか?

基本的には弁護士に相談をすればいいのですが、弁護士にも得意不得意があります。

借金問題や債務整理に詳しい弁護士もいれば、あまり詳しくない弁護士もいるのです。

あまり詳しくない弁護士に依頼をしてもある程度はなんとかなることもありますが、詳しい弁護士に依頼をした方が借金額が減ったり、あなたに最適な借金整理方法を紹介してくれます。

なので、できれば借金問題や債務整理に強い弁護士に相談をしましょう。

 

とはいっても、どこの弁護士に頼めばいいかわからないと思います。

ネットで検索してもたくさんあり過ぎて、どこがいいのかわからないことが多いですからね。

そういう方はこちらのサイトを使ってください。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

こちらのサイトでは債務整理に強い弁護士がそろっており、あなたの悩みや住んでいる地域に合わせて最適な弁護士を紹介してくれます。

とても便利なのでぜひ使ってください。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ