借金裁判で強制執行、(給料)差し押さえの条件とは?

Fotolia_54328488_Subscription_Monthly_XXL_R

強制執行、差し押さえが行われる条件とは?

借金裁判を起こされたからと言ってすぐに強制執行が行われることはありません。

裁判を無視すると、支払う意思が全くないとみなされていきなり強制執行を行う可能性があります。

 

しかし、裁判に応じて和解をすれば、いきなり強制執行が行われるということはありません。

和解をするときに、支払いについていくつか条件が付けくわえられます。

「○回支払いが滞ったら、強制執行を行います」

みたいな条件です。

なので、和解をするときにはこの条件をしっかりと頭に入れて決して遅れないようにしましょう。

支払いが遅れたらすぐに強制執行が行われるのか?

実は支払いが多少遅れたぐらいでは、強制執行は行われません。

業者としても強制執行を行うには手間がかかるので、できれば借主自らが返済してくれることを望んでいます。

もしも、支払いが遅れてしまったり、遅れそうなのであれば、業者に連絡をして「いつまでに振込をするか」を伝えましょう。

そうすれば、大抵は待ってもらえます。

しかし、何回も支払いが滞るようであれば、強制執行に移る可能性があるのでなるべく支払期日を守りましょう。

差し押さえられる物や給料とは?

差し押さえられるものは、生活に最低限必要なもの以外は差し押さえられる可能性があります。

例えば、車や家などは対象となっています。

こういった資産がなければ、ものを持っていかれるということはありません。

 

差し押さえられるものは物ではなく、給料の場合もあります。

給料が差し押さえられる場合は、会社から振り込まれる金額を天引きという形でお金を差し押さえられます。

ちなみに、会社側にこの事実を伝えることになるので、借金をしていたことは会社にばれます

どれくらい給料が差し押さえられるのかは以下の表を参照してください。

差し押さえられる給料について

手取り収入 差し押さえられる金額・割合
44万円以下 1/4の額
44万円を超える場合 33万円を残した残りの金額すべて

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ