借金裁判で強制執行(給料)差し押さえの条件とは?防ぐ方法は?

Fotolia_54328488_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 借金裁判で強制執行になる条件とは?
  • 借金裁判では車や家や預金などが差し押さえの対象なのか?
  • 借金裁判で給料や財産の差し押さえを防ぐ方法とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では借金裁判の強制執行について詳しく説明していきます。

1.借金裁判で強制執行、差し押さえが行われる条件とは?

借金裁判を起こされたからと言ってすぐに強制執行が行われることはありません。

強制執行になるのは、裁判所からの督促状を2週間以上無視し続けた場合です。

裁判所からの督促状に対して異議申し立てをしないということは、裁判を申し立てした人の主張を全面的に認めることになります。

そうなると、借金を回収するために強制執行や差押が実行されることになります。

2.借金裁判で強制執行や差し押さえが行われるのを防ぐ方法とは?

借金裁判が起こされたときに、強制執行や差し押さえを防ぐ方法はとても簡単です。

借金の未払いの裁判に応じて貸金業者と和解をすれば、強制執行や差し押さえを防ぐことができます。

 

借金裁判では裁判所を通じて貸金業者と話し合いをして和解をすることになります。

その時の条件としては、

「○回支払いが滞ったら、強制執行を行います」

みたいな条件を付けられて、公正証書を発行されることもあります。

公正証書があると裁判を起こすことなく強制執行ができるようになります。

 

借金裁判で貸金業者と和解をするときには、和解の条件をしっかりと頭に入れて、決して遅れないようにしましょう。

また借金裁判でのの話し合いでは弁護士がいれば不利になる条件で和解をすることはなくなります。

ただ自分で対応するとあなたにとって不利な条件で和解をさせられることがあるので注意してください。

・支払いが遅れたらすぐに強制執行が行われるのか?

借金裁判の和解で公正証書を取られた場合、1日でも返済が遅れると強制執行が行われてしまうのでしょうか?

実は支払いが多少遅れたぐらいでは、強制執行は行われません。

貸金業者としても強制執行を行うには手間がかかるので、できれば借主自らが返済してくれることを望んでいます。

もしも支払いが遅れてしまったり、遅れそうなのであれば、貸金業者に連絡をして「いつまでに振込をするか」を伝えましょう。

そうすれば、大抵は待ってもらえます。

しかし、何回も支払いが滞るようであれば、強制執行に移る可能性があるのでなるべく支払期日を守りましょう。

・弁護士に債務整理を依頼することで借金裁判をなくすこともできる!

借金裁判で話し合いをするわけですが、場合によっては相手が強制執行を要求してくる可能性もあります。

そうなるとせっかく裁判に参加しても、結局は強制執行や差し押さえで強制的に借金を返済させられることになります。

裁判でのやり取りが慣れていないと、貸金業者の言いなりになってしまうことも多いですからね。

 

そういった不安がある場合には、債務整理を弁護士に依頼することをお勧めします。

借金裁判が申し立てられてすぐであれば、債務整理を弁護士に依頼することで裁判を止めることができます。

また債務整理をすることで借金の減額ができ、今の収入でも無理なく借金を返済することができます。

1社だけでなく複数の貸金業者から借金をしているのであれば、まとめて債務整理をしたほうが返済は楽になります。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

3.借金裁判で差し押さえられる財産とは?

もし借金の未払いで裁判を起こされて強制執行となったら、どういった財産が差し押さえられるのでしょうか?

差し押さえられる財産は、生活に最低限必要なもの以外は差し押さえられる可能性があります。

例えば

  • 自動車
  • 家やマンションなどの不動産
  • 銀行口座の預金
  • 保険の解約返戻金

などが差し押さえられる対象となっています。

こういった資産がなければ、ものを持っていかれるということはありません。

 

しかし、財産がないからと言って油断をしていると、痛い目を見る可能性があります。

差押の対象には、財産だけでなく、給料を差し押さえられることがあります。

借金をするときに勤務先を書いている場合には、その情報から連絡がいって給料の差し押さえを実行されることになります。

給料が差し押さえられる場合は、会社から振り込まれる金額を天引きという形でお金を差し押さえられます。

ちなみに、会社側にこの事実を伝えることになるので、借金をしていたことは会社にばれます

差し押さえられる給料について

手取り収入 差し押さえられる金額・割合
44万円以下 1/4の額
44万円を超える場合 33万円を残した残りの金額すべて

借金裁判による強制執行や差し押さえを防ぎたいのであれば、弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ