銀行の借金に時効があるの?時間が経過すればOK?

Fotolia_46820062_Subscription_Monthly_XXL_R

銀行からお金を借りている場合に、気になるのは放置しておけば時効を迎えて支払う必要がなくなるのかということですよね。

借金の返済に苦しんでいるとどうしても「どうやったら返済しなくて済むのか」ということを考えがちですからね。

時効のことを考えるのも無理はありません。

 

そこでこの記事では、銀行からの借金の時効について詳しく説明していきます。

  • 時効になるのは何年経過したら?
  • 時効を迎えるときの注意点とは?

時効になるのは何年経過したら?

銀行の借金にも時効がありまして、その期間は最終取引から5年間です。

連絡や返済を5年間断つことができれば、時効を迎えるということになります。

途中で1回でも返済をしてしまうと、中断されて0から数えることになるので、完全に連絡を絶ってから5年間と思ってください。

 

また、5年経過すれば自動的に時効になり返済義務がなくなるというわけではありません。

時効の援用の手続きが必要です。

時効の援用の手続きとは、簡単に言うと「時効を迎えたので、借金を支払いません」ということを相手に伝えることを指します。

借金の時効の場合、時効を迎えていたとしても借金の返済をしたいという人がいるかもしれないので、自動的に返済義務がなくなるわけではないのです。

きちんと相手に伝えて初めて時効になるので、注意してください。

時効を迎えるときの注意点とは?

時効を迎える際に時効の援用の手続きが必要なのですが、この時本当に時効になっているのか注意してください。

というのも、こちらから連絡を取っていなくても、時効を中断されている場合があるからです。

 

例えば、裁判を起こされていると時効は中断されてしまいます。

相手の居場所が分からなくても、判決を出すことができるので、その場合だと時効は中断されてしまいます。

裁判で判決が出た場合は、そこから10年間は有効なので、その間ずっと逃げ続ける必要がありますね。

なので、確実性を狙うのであれば15年以上経過してから時効の援用の手続きを行う必要があります。

 

もしも時効になっていなかった場合、こちらの居場所を知らせることになるで、再び督促が届くようになりますからね。

また引っ越しをしなければいけません。

 

こういったことが嫌なのであれば、借金を踏み倒すのではなく、整理するという方法を使ってください。

弁護士に債務整理を依頼すれば、借金の減額をすることができます。

借金額によっては、自己破産をして借金を0にすることもできます。

15年間も逃げ続けるよりも、自己破産をした方が傷は浅いですし、みじめな生活を送る必要もなくなります。

借金の返済に困っている場合は、一度弁護士に相談をしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ