借金裁判で借主が勝訴できるのか?勝ちと思える和解とは?

Fotolia_34155995_Subscription_Monthly_XL_R消費者金融やカード会社から借金について裁判を起こされた場合、借主側が勝訴することは基本的にはありえません

これはとても当たり前の話で、お金を借りているわけですから返すのは当然の話ですよね?

なので、消費者金融やカード会社は勝つことが確定しているので裁判を起こすのです。

ちなみに負けるからと言って、裁判所からの通知を無視し続けると強制執行で給料の差し押さえられる可能性があるので注意してください。

>>裁判所から通知を無視するとどうなるのか?

 

もしもあなたの知らないところで名義が使われていた場合には、筆跡鑑定等をして契約したのがあなたではないことを証明することで、返済しなくてもよくなるでしょう。

これはあくまで例外的なことですね。

お金を借りた人が文書偽造の罪や詐欺罪などで逮捕されるので、家族や親戚の人が勝手にあなたの名前を使った場合には注意しましょう。

勝ちと思えるような和解もある

借主は勝訴することはできませんが、勝ちと思えるような和解はあります。

自分が返済することができるような返済プランになったら勝ちと思ってもいいでしょう。

例えば、

「すべての金額を返済することは無理です。

ただ遅延損害金と今後の利息をカットしてもらえれば、生活を切り詰めることでなんとか返済することが可能そうです。

月々2万円を毎月の指定日までに必ず返済するのでこの条件で和解してもらうことはできませんか?」

と言ったように、多少こちらの有利な条件をいうことで返済を楽にすることもできます。

 

返済はしていかなければなりませんが、返済する金額を減らすことができればある意味こちらの勝ちと思ってもいいでしょう。

もちろんこれは交渉によって決めることなので、うまくいくとは限りませんが、業者にとっても多少金額を減らしてでも返済をしてもらう方がメリットがあります。

なので、うまく交渉をすることで返済額を減らすこともできるので、裁判で訴えられたらチャンスだと思ってチャレンジしましょう。

 

もしも、交渉に自信がなかったり借金額があまりにも多いようであれば弁護士に依頼をした方が借金額を減らせる可能性が高くなります。

できれば裁判が起こる前に弁護士に相談をしましょう、

弁護士という専門家を味方につけて借金問題を解決させてください。

>>匿名・無料で借金問題に強い弁護士に相談したいならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ