商工ローン(ビジネスローン)の取り立てって厳しい?

Fotolia_51850519_Subscription_Monthly_XXL_R

商工ローンというと昔は社会問題になるほど強引な取り立てを行っていました。

電話による過激な督促だけではなく、無理やり消費者金融からお金を借りさせたり、クレジットカードで物を買わせて換金させたりと、相当あくどい手まで使っていたようです。

そういったイメージがある商工ローンなのですが、あくまでこれは昔の話です。

 

そこで今はどうなのかということについて書いていきます。

現在の商工ローンの取り立てについて

商工ローンは、その名前のイメージが悪すぎるせいか、今はビジネスローンと言われている場合もあります。

そういったイメージを変える努力をしているようで、最近では昔のようなひどい噂というのはほとんど聞きません。

 

なので、昔ほど厳しい取り立ては行っておらず、法律の範囲内による取り立てとなっているでしょう。

商工ローンの取り立てが社会問題になってから、法律による規制も厳しいですし、警察の介入もあり得ますからね。

もう昔とは事情が異なります。

 

ただし、商工ローンというのは個人事業主や法人向けの消費者金融で多くのお金を借りられるのが特徴です。

多くのお金を貸すということはそれだけリスクが高いということです。

そのため、回収するために担保や保証人を取る場合もあります。

法律の範囲内ではしっかりとした取り立てを行うと思うので、安易に借りることはやめた方がいいでしょう。

 

取り立てが厳しくないからと言って放置をしてはいけない

商工ローンの取り立てが昔ほど厳しくないからと言って、返済をしなくてもいいという理由にはなりません。

むしろ、それで安心をしてはいけないです。

あくまで借りたお金は返すものですからね。

しかし、会社の業績が悪くどうしても返済ができないということもあるでしょう。

そうなってしまっては、もう債務整理をするしかないです。

 

事業をやっている場合、債務整理の中の任意整理を行っても返済をすることが難しいので、実際には民事再生か自己破産を選ぶことになるでしょう。

民事再生を行えば借金を大幅に減らして事業を継続することもできます。

ちなみに、破産の場合は倒産させることになりますね。

 

どういった方法で借金を整理するべきかは、借金の状況や収益状況によっても変わってくるので、専門家である弁護士に相談をするのがいいでしょう。

いつまでも借金のことで頭を悩ませていても何も解決しないので、具体的な行動を起こすようにしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談をするならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ