親族や配偶者への借金の取り立ては禁止されている?

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_R

借金の取り立てでよくあるのが、

「子供の借金は親が払えー!」
「親の借金は子供が払えー」
「夫の借金は妻が払え-」

と、借金をした本人以外に取り立てられるということです。

もしもお金を貸した業者が、このようなことを言ってきた場合、親族や配偶者は借金を肩代わりしなければいけないものなのでしょうか?

親族・配偶者は支払う必要がない!

貸金業規制法によると、借りた本人以外への借金の取り立ては禁じられております。

つまり、業者が「金を返せ!」と言ってきたとしても、親族や配偶者には返済する義務はありません。

 

最近は業者に対する法律による規制も厳しくなっているので、大手の消費者金融やカード会社ではこのようなことはもうありませんね。

昔はひどかったみたいですが。

ただ闇金や小さい業者の場合は、法律を無視してでもお金を回収しようとしてくるところもあるので、万が一取り立てがきた場合は、警察に相談するといいでしょう。

保証人・連帯保証人になっている場合は別

親族・配偶者だからといって、借金を背負うことはありませんが、保証人になっている場合は返済する義務があります。

保証人や連帯保証人として名前を貸すことは、借金をしている人が返さなければ代わりに返済するというのを約束したようなものなので、逃れることができません。

 

だから、安易に借金の保証人になってはいけないとよく言われているのです。

親族や配偶者だと借金をするときに名前を貸してしまうことがあるかもしれませんが、例え親族・配偶者だとしても安易に名前を貸さない方がいいでしょう。

借金をした人が亡くなった場合は取り立てられる可能性あり

基本的に親族・配偶者という理由で借金を負うことはないのですが、借金をした人が亡くなった場合は取り立てられる可能性があります。

というのも、遺産相続をすると、貯金や土地などのプラスの遺産だけでなく、借金などのマイナスの遺産も相続することになるからです。

プラスの遺産だけ相続するということはできないので、遺産相続をする際には注意しましょう。

 

もしもプラスの遺産がなくマイナスの遺産しかない場合は、相続放棄をすれば借金を背負うことはなくなるので安心してください。

取り立てられる前に借金があるかどうかを確認して、遺産相続するのか、相続放棄をするのかを決めましょう。

相続放棄をするのを忘れていたらどうなるの?

相続放棄をするには、相続人であると知ってから3か月以内に手続きをしなければいけません。

この期間が過ぎると相続放棄をすることができないので、仮に借金があった場合その借金を背負うことになります。

 

ちなみに自分が相続人であることを知らなければ、亡くなってから時間が経っていたとしても問題はないので、安心してください。

例えば、借金を抱えたまま夫が亡くなった時、妻とその子供が相続放棄をしたとします。

すると、夫の親に相続権が移るのですが、この事実を知らなかった場合であれば、取り立てられてから3か月以内に手続きを行えば相続放棄をすることができます。

もしも相続放棄をする場合には相続権が移る人に連絡してあげるのがいいでしょう。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ