相続放棄をする場合に相続権が移る範囲とは?

Fotolia_46102727_Subscription_Monthly_XXL_R

亡くなった人に借金がある場合、相続破棄を選択することになると思いますが、「どの範囲の人が相続破棄をしなければいけないのか?」という疑問がありますよね。

「妻や子供が相続放棄した場合は?」
「親に遺産が渡ることはあるの?」
「兄弟姉妹はどうなるの?」

などなど様々な疑問がわくと思います。

その時にポイントとなるのが「相続の順位」です。

順位 対象者 補足
第一順位 配偶者 離婚している場合を除き、配偶者は常に相続人となります。
第一順位 直系卑属 子供、子供が亡くなっている場合は孫
第二順位 直系尊属 子供がいない場合に親
第三順位 兄弟姉妹 子供、親がいない場合に兄弟とその子供

 

まず基本的なことから説明していきます。

最初に相続権があるのは、配偶者と第一順位である子供だけです。

特に何も手続きをしなければ、配偶者と子供は相続権があります。

 

しかし、結婚をしていない場合には、配偶者や子供がいないですよね?

その場合には、第二順位である親が相続権を持つことになります。

さらに親がすでに亡くなっているという場合には、相続権は誰に移るのかというと第三順位の兄弟姉妹となります。

基本的にはこの流れがあると思ってください。

 

この上で、相続放棄を選択するとどうなるのかという話をしていきます。

相続放棄をすると、相続権はどこまで移るのか?

遺産がマイナスの遺産(借金など)が多い場合は、相続放棄を選択することになりますよね?

先ほど説明したように相続には順番が決まっているのですが、相続放棄をする場合、その人は最初から相続権がなかったという扱いになります。

例えば、父親が亡くなり、子供が相続放棄をした場合
子供がいなかったという場合を想定して、相続権が誰に移るのかを考えることになります。

この場合だと、父親の親に相続権が移ります。

父親の両親が相続放棄をしたり、すでに亡くなったりしていた場合には、第三順位である父親の兄弟に相続権が移ることになります。

 

このように割と広範囲に相続権が移っていくので、もしも相続放棄をする場合には、相続放棄したことを親や亡くなった人の兄弟にも伝えるようにしましょう。

もしもそういったことを怠ると、いつの間にか借金を背負わされることになるので、背負わされた側としては気持ちのいいものではありませんからね。

まとめ

簡単にまとめましたが、人によっては正確な判断が難しい関係があるかもしれません。

複雑な家族構成だと、誰に相続権が移るのか分かりにくいですからね。

素人判断で決めてしまうと、親戚に借金を背負させることにも繋がるので、よく分からない場合は専門家である弁護士に相談するのが一番でしょう。

>>相続問題に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ