借金が発覚!相続放棄の手続き期限はいつまで?延長の方法は?

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 相続放棄の手続きができる期限はいつまでなのか?
  • 相続放棄の手続きの期限を延長することはできるのか?
  • 相続放棄の期限が過ぎてしまったら、借金があっても手続きは無理?
  • 相続をしてから借金があることが発覚した場合、相続放棄をできるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では相続放棄の期限について詳しく説明してきます。

1.相続放棄の手続きの期限はいつまでなのか?

亡くなった人の遺産は必ずしもプラスの遺産だけとは限りません。

マイナスの遺産(借金など)がある場合もその遺産を受け継ぐ必要があるのです。

しかし、亡くなった人の借金まで背負わされるのは非常に大変なので、相続放棄をすることで借金を相続しなくてもよくなります。

相続放棄はいつでもできるというわけではなく、期限が決まっています。

その期限は「自分が相続人であることが分かった時点から3か月」です。

 

遺産を相続するのか放棄するのかは、大きな問題なので慎重に決めたいところですが、相続放棄をするのであれば、3か月以内に家庭裁判所にて手続きを行う必要があります。

3か月以内に、預貯金はいくらなのか?土地や不動産などの資産はないか?などを調べたり、借金額を調べたりする必要があります。

相続放棄にすることを一度決めてしまったら、あとから取り消すことができないので、慎重に決めるようにしましょう。

2.いつの間にか相続をしていた場合に、あとから相続放棄を行うことはできるのか?

配偶者や子供などの本来の相続人が相続放棄をしていた場合、親や兄弟が相続人になります。

このことを知らずにいた場合、「いつの間にか相続人になっていて借金を背負うことになってしまった」なんてことが考えられますよね。

その時にその人が亡くなってから3か月たっていた場合、相続放棄はできるのか?

 

相続放棄の期限は、「自分が相続人であることが分かった時点から3か月」なので、相続人になったことを知らなかったのであれば、問題なく相続放棄をすることができます。

借金の通知とともに相続人になったことを知るケースが多いですが、借金の通知が来てから3か月以内に相続放棄の手続きを行いましょう。

3.相続放棄の期限を延長することはできるのか?

相続放棄の期限は基本的には3か月です。

しかし、色々な事情が重なり、3か月以内に相続放棄の手続きをすることができないという場合もあるかと思います。

その場合には、家庭裁判所に申し立てをすることで、相続放棄の期限を延長することができます。

この手続きは相続人となったことを知ってから3か月以内に手続きを行う必要があります。

相続放棄の期限を過ぎた後では、延長の手続きをすることができないというわけです。

もし相続放棄の期限の延長の手続きも早めに行うことをお勧めします。

・相続放棄の期限の延長できる期間は何か月?

相続放棄の期限の延長は1~3か月ほどとなっています。

しかし、延長できる期間は家庭裁判所の裁量で決まります。

きちんとした理由があれば、1年以上認めてもらえる可能性があります。

「相続人が遠くに住んでいる」「調査する財産の量が膨大にある」というような場合には、長期の延長を認めてもらえる可能性が高まります。

4.3か月を過ぎた後でも相続放棄はできるのか?

大切な人が亡くなったということや葬式など色々と忙しくて相続のことをすっかり忘れてしまうというのは珍しい話ではありません。

そうなると大体、借金の通知が来てから行動を起こし始めることが多いです。

しかし、必ずしも貸金業者からの通知が3か月以内に届くとは限りません。

この場合は、相続人になってから3か月以上たっているので相続放棄ができず、借金を背負うことになってしまうことになるのでしょうか?

結論を言いますと、3か月を過ぎた場合でも相続放棄を行うことは可能です。

・相続放棄の期限を過ぎた後でも相続放棄が認められる場合について

相続問題について詳しくない弁護士だと知らないこともあるのですが、裁判所はしっかりとした理由があれば、3か月を超えていても相続放棄を認めることがあります。

その時の理由で重要になってくるのが以下の3つのポイントです。

  • 借金があるとわかった時点から3か月以内
  • プラスの遺産を受け取っていない
  • 遺産を処分していない

この3つのポイントを守っている場合であれば、高確率で後からでも相続放棄をすることができます。

※必ず相続放棄できるとは限りません。相続問題に強い弁護士に相談して確率を高めましょう。

 

遺産を受け取っていたり、処分していたりすると、遺産を受け継いだという風にみなされるので、相続放棄をするのは一気に難しくなります。

特に価値のないようなものであれば、処分していても問題ないこともあります。

ただ価値があるもの(骨董品や宝石など)を処分していた場合は、遺産を受け取ったのと同じ扱いになってしまうので注意してください。

・相続人になったことを知らなかったことにするのは難しい

もう一つの方法として「相続人になったことを知らなかった」というのがありますが、正直難しいです。

ただ配偶者や子供は、亡くなった時点で相続者になることが決定するので、「相続人になったことなんて知らなかった」という理由で、相続放棄をするのは難しいですね。

法律で決まっていることなので、知らなかったでは通りません。

本来相続するべき人が相続放棄したせいで、相続権を得た場合には、「相続人になったことを知らなかった」が通用する場合もあります。

また、この場合であれば、上で紹介した3つの条件を満たしているので、相続放棄をすることが可能です。

まとめ

基本的には「自分が相続人であることが分かった時点から3か月」というのが相続放棄ができるかできないかのラインとなっています。

特殊な事情がある場合には、弁護士に相談をするのが一番の解決策です。

ただ途中でも説明したように、相続問題というのは結構複雑で、例え弁護士でも間違った判断をしてしまうことがあります。

なので、なるべく相続問題に強い弁護士に相談をするようにしましょう。

>>無料で相続問題に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ