借金を滞納し裁判所から支払い督促状が届いた時の対処法とは?

Fotolia_53100844_Subscription_Monthly_XXL_R消費者金融やカード会社からの借金の催促を無視し続けると、場合のよっては訴えられる可能性があります。

訴えられると、裁判所から「支払い督促申立書」が届きます。

裁判所からの通知となると、非常に動揺すると思いますが、あまり緊張しないでください。

 

あくまで支払い督促申立書は,、「業者から借金をしているのに返済がないという訴えがありますけど、どうしますか?」と聞いているだけです。

いきなり「お金を支払え!」と言っているわけではないので安心してください。

 

緊張はしなくてもいいのですが、これを無視し続けるのはよくありません。

裁判所は申し立てを無視すると申し立てられた内容を認めている」と認識するので、あなたは無条件で負けてしまいます。

すると、強制執行にて給料の差し押さえの可能性があるので、無視するのはやめましょう

>>裁判所からの呼び出しに無視した場合どうなるのか?

 

支払い督促状が届いたら、異議申し立てをしましょう。

異議申し立てをすることで訴状・口頭弁論期日呼び出し状・答弁書が送られているので、それをしっかりと読んだり答えたりしましょう。

>>借金裁判の流れについてはこちら

 

ちなみに、裁判に応じて徹底的に反抗するのはやめましょう。

お金を借りているのであれば、契約書があるので、業者側は確実な証拠をもっています。

下手に争っても時間の無駄なので、おとなしく支払いの意志を見せましょう。

支払いの意志を見せることで、和解に繋がるので支払い方法について業者と話し合うことになります。

話し合いには交渉の余地が残されているので、あなたが返済可能な金額等を提示して無理のない返済プランを立てるようにしてください。

>>借金裁判で勝ちと思えるような和解について

 

基本的には裁判所から通知が届いたら、おとなしく従いましょう。

無視したり反抗しても得なことは一切ないので。

もしも裁判に対して不安があったり、返済できるような和解ができなければ弁護士に相談をするといいでしょう。

弁護士に依頼をすることで、債務整理を行い借金を減らすこともできます。

早めに弁護士を味方につけて借金問題の解決に向かった方が、苦労せずに借金を減らすことが多いですよ。

>>匿名・無料で借金問題に強い弁護士に相談するならこちら

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ