借金を滞納し裁判所から支払い督促状が届いた時の対処法とは?

  • 借金滞納で裁判所から支払い督促状が届いたときどんな対応をすればいいのか?
  • 借金の滞納で裁判所からの呼び出しを無視するとどうなるのか?
  • 借金の滞納で裁判所から通知があった時、答弁書はどのように書けばいいのか?
  • 借金の滞納で裁判所から差し押さえになるって本当?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では借金の裁判所からの通知について詳しく説明していきます。

1.借金の滞納して裁判所から呼び出しにはどんなことが書かれているのか?

消費者金融やカードローン会社からの借金の催促を無視し続けると、裁判を起こされる可能性があります。

貸金業者に訴えられると、裁判所から「支払い督促申立書」が届きます。

裁判所からの通知となると、非常に動揺すると思いますが、あまり緊張しないでください。

あくまで支払い督促申立書は「貸金業者から借金をしているのに返済がないという訴えがありますけど、どうしますか?」と聞いているだけです。

いきなり「お金を支払え!」と言っているわけではないので安心してください。

2.借金の滞納について裁判所からの呼び出しを無視するとどうなるのか?

裁判所は申し立てを無視すると申し立てられた内容を認めていると認識するので、あなたは無条件で負けてしまいます。

貸金業者は裁判を起こす際に、一括払いでの返済を求めています。

それにしたがって、借金を返済する必要があります。

今まで借金を返済できなかったわけですから、いきなり一括返済をしろと裁判所の決定があったとしても返済することができないと思います。

その場合には、強制執行にて財産や給料の差し押さえがあります。

強制的にあなたの財産や収入から借金の返済を行うわけです。

 

今までも貸金業者から借金の返済の催促があったとおもいます。

貸金業者の催促と裁判所の違いは、法的な拘束力があるかどうかの差があります。

裁判所の決定には法的な拘束力があるので、借金を返済することができなくても、今までと同じように無視を続けるのはよくありません。

3.借金裁判で答弁書には何を書けばいいのか?

強制執行による財産や給料の差し押さえを防ぎたいのであれば、裁判所からの呼び出しに応じる必要があります。

支払い督促状が届いたときに、異議申し立てを行う必要があります。

支払い督促状の中には「訴状」「口頭弁論期日呼び出し状」「答弁書」が同封されていると思います。

その中の答弁書を書いて提出する必要があります。

 

答弁書の中でポイントとなるのは

  • 請求の原因
  • 請求の趣旨
  • 和解内容

の3つです。

請求の原因というのは、その業者からきちんと契約を結んでお金を借りているかどうかがポイントになります。

借金をしているのが事実であれば、請求の原因は認めることになります。

ここで下手に争っても、相手には契約書があるので、覆すことはできないでしょう。

 

請求の趣旨というのは、業者が求めている内容になります。

例えば、「○月〇日までに一括返済をしてください。」「○月〇日から〇万円で分割払いしてください」というような内容が書かれています。

その借金返済プランで返済できないのであれば、「棄却」を求めてください。

 

和解の内容は、どのような形で貸金業者と和解をするかどうかになります。

借金をしているのが事実であれば、借金をなくすことはできません。

あなたが無理なく支払える毎月の返済額を提示しましょう。

最終的な返済額については、実際に裁判所に出席して話し合いで決めることになります。

事前に和解の目安を伝えておくという感じになります。

4.借金が裁判を起こされても返済できそうにない場合はどうすればいい?

基本的には裁判所から通知が届いたら、おとなしく従うしかありません。

無視したり反抗しても得なことは一切ないので。

しかし、今まで借金の返済を滞納していたということは、分割払いでも借金の返済が厳しい状況にあるかもしれません。

借金裁判を行っても借金額を減らすことはできないので、借金の返済はかなり厳しくなると思います。

 

もし借金の返済をするのが厳しいようであれば、弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

弁護士に債務整理の依頼をすることで借金を減額することができます。

早めに弁護士を味方につけて借金問題の解決に向かった方が、苦労せずに借金を減らすことが多いですよ。

ただ裁判所からの呼び出しを2週間以上無視していると、強制執行の手続きに入るので、早めに相談しに行くことをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ