借金取り立てのルールや禁止・違法行為は?訪問時間は何時まで?

 

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 借金の取り立てにはどんなルールや規制があるのか?
  • 借金の取り立ての禁止事項や違法行為には何があるのか?
  • 借金の取り立てで訪問時間は何時から何時までが合法なのか?
  • 借金の取り立てで嫌がらせを受けた場合の対処方法とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では借金の取り立てのルールについて詳しく説明していきます。

1.借金の取り立てにはどんなルールがあるのか?

借金の取り立てを行うときには何をやってもいいというわけではありません。

当然嫌がらせのような借金の取り立ては禁止されており、ルールに従った取り立てを行う決まりになっています。

借金の取り立てのルールは「貸金業規制法」という法律によって決められています。

 

ただこれは消費者金融業者やカードローン会社、クレジットカード会社などの「貸金業者」に対して適用される法律です。

個人間での借金において、この法律は適用されません。

個人の借金取り立ての場合は、恐喝などの他の犯罪にならない限り、捕まることはないので気を付けてください。

2.貸金業規制法における借金の取り立てのルールとは?

  1. 威迫するような言動の規制
  2. 取り立て時間の規制
  3. 繰り返しの電話、訪問の規制
  4. 勤務先への訪問規制
  5. プライバシー事項の公開規制
  6. 他の業者の利用を勧めることへの規制
  7. 債務整理を行った人への取り立ての規制
  8. 支払い義務のない人への取り立ての規制

・借金取り立てのルール1:威迫するような言動の規制

暴力的な態度・言動を使って取り立てを行ってはいけないということです。

この他にも、多人数で自宅に押しかけることも禁止されています。

恐怖を感じるようなやり方で借金の取り立てを行う行為が禁止されているということですね。

・借金取り立てのルール2:取り立て時間の規制

借金の取り立ての時間は午前8時から午後9時までの間だけとなっています。

この時間帯以外の借金の取り立ては禁止となっています。

これは自宅に訪問する取り立てだけでなく、電話や電報などによる取り立ても含まれています。

逆に言うとこの時間帯は借金の取り立てがあると思っておいた方がいいでしょう。

・借金取り立てのルール3:繰り返しの電話、訪問の規制

何度も何度も繰り返して電話をしたり訪問したりすることが禁止されています。

1日に何度も借金の取り立ての連絡があるとつらいですからね。

何回までOKみたいなことは法律では決まっていませんが、大手の場合は1日に1~3回までとなっています。(連絡を無視した場合)

・借金取り立てのルール4:勤務先への訪問規制

お金を借りるときに勤務先をかくことがあるかと思いますが、勤務先に業者が直接取り立てに来るということはありません。

そもそも会社に借金の取り立てに行くと業務妨害などの他の法律に違反する可能性も高いです。

ただし、勤務先への電話は規制されていません。

そのため借主の携帯や自宅に電話をかけても連絡が取れない場合には、勤務先に電話をかけてくる場合もあります。

・借金取り立てのルール5:プライバシー事項の公開規制

お金を借りた本人以外に借金をしているということを公開してはいけないことになっています。

例えば、玄関のドアに「金返せ!」みたいな張り紙を使うのはいけないということです。

その他にも、家族や勤務先にも借金しているという事実は伝えてはいけないことになっています。

自宅や勤務先に電話が来る場合は、業者名は使わず担当者名で呼び出しを行うことになっています。

「○○と申しますが、借主さんはいらっしゃいますか?」といったような個人を装った電話がかかってくると思います。

なので、取り立ての電話によって借金のことがバレる可能性は低いです。

・借金取り立てのルール6:他の業者の利用を勧めることへの規制

他の貸金業者の利用を勧めて、自分の方の借金を返済させることが禁止されています。

これは多重債務になり、借金地獄への道に陥ってしまうので、それを防いでいるということです。

消費者金融の多重債務になると、金利が高いので合計100万円くらい借りていると返済が一気に難しくなります。

・借金取り立てのルール7:債務整理を行った人への取り立ての規制

弁護士に依頼しての任意整理や個人再生・自己破産の手続きを開始した場合、本人への取り立てが禁止されています。

弁護士に委任をすると取り立ては弁護士を通して行わなければいけなくなります。

借金の取り立てに困っているのであれば、とりあえず弁護士に相談してみるのもありだと思います。

弁護士に債務整理の依頼をすれば、借金の返済は確実に楽になります。

借金で悩んでいるのであれば、一度弁護士に相談してみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

・借金取り立てのルール8:支払い義務のない人への取り立ての規制

借りた本人と保証人以外には借金の返済義務がないので、それ以外の人には取り立てを行ってはいけないことになっています。

よくあるのが、「家族や親戚に取り立てが来る」という思い込みですが、これは法律で禁止されています。

仮に借金の取り立てに来た場合でも、借主と保証人以外であれば、支払う必要はありません。

まとめ

このように業者が借金の取り立てを行う際には法律でルール設定がされています。

最近は業者に対する規制も厳しくなっているので、大手は以前のような厳しい取り立てを行っていません。

ただし、闇金や小さい業者は法律違反をしていることが分かっていながら、お金を回収するために様々な手を使ってくることがあります。

そういった場合は弁護士や警察に相談しましょう。

 

借金の取り立てが嫌でさっさと借金を返済してしまいたいのであれば、弁護士に債務整理の相談をするのも一つの手です。

債務整理をすれば借金を減らすことができ、今よりも楽に返済することができますよ。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ