夜逃げ費用はいくらかかる?お金がない場合はどうする?

Fotolia_46292471_Subscription_Monthly_XXL_R

夜逃げを行うためには、実はいろいろとお金がかかります。

例えば、夜逃げを業者に依頼をするなら、安くても5万円~、高いところだと20万円~となっていますね。

どんなことを依頼するのかによっても料金は変わってくるでしょうが、間をとって10万円はかかると思った方がいいでしょう。

ただしこれは夜逃げの費用だけで、その後の生活費が含まれていません。

 

体一つと手で持てるくらいの荷物だけで夜逃げをするのであれば、夜逃げ先で必要なものを買いそろえる必要があります。

最初のうちはいろいろと我慢するとしても、

冷蔵庫、洗濯機、布団、1か月分の食費、など必要最低限ものを揃えるだけでも10万円以上はかかりますね。

そうなると20万円以上のお金が必要になってきます。

夜逃げをする場合には、頑張ってコツコツとお金をためて逃げるようにしましょう。

夜逃げのために借金をするのは詐欺罪です。

「どうせ借金から逃れるために、夜逃げをするんだから今のうちにお金を借りておこう」と考える人は少なくありません。

特に夜逃げの費用がない人ほどこういうことを考える人が多いですね。

 

しかし、最初から返すつもりがないのに借金をすると詐欺罪になってしまいます。

最初は返済するつもりだったけれど、様々な事情によって返済できなくなったとはわけが違うのです。

明らかに悪意をもって返済をしないわけですから、それは当然問題になります。

 

夜逃げそのものには違法性はないのですが、夜逃げ費用を作るための借金で警察から追われるような生活になってしまうかもしれないです。

なので、すでにいくらか借金があるからと言って夜逃げの費用を借金で作ることはやめましょう。

お金がなくて夜逃げができない場合はどうすればいいの?

DVやストーカーなどの場合は、親や親戚、友達にお金を借りて実行するのがいいでしょう。

借金が原因の夜逃げであるならば、まっとうなやり方で借金を整理するのが一番です。

借金から逃げるために夜逃げをしても、その後の生活では安心した生活を送ることができません。

借金取りにばれないようにこそこそ生きなければいけませんし、住民票を移せないので正式な手続きが必要なものは一切できないと思った方いいでしょう。

 

こういった苦しい生活を送りたくなければ、弁護士に依頼をして債務整理をするのがお勧めです。

債務整理には専門的なことが多いので、自分でやるのは大変だと思います。

弁護士を味方につけることでスムーズに手続きを終えることができます。

債務整理をすると、5年間~10年間、新たに借金をすることができなくなりますが、借金ができない状況を作ることができるとも言えます。

 

借金ができるとついお金を借りてしまうという人には、強制的にお金を借りられない状況を作るというのも一つの手です。

債務整理をした後は、借金が整理できて、昔のように平穏な生活を送ることができるので、ぜひ一度弁護士に相談をしてみてください。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ