借金の夜逃げをしてはダメ!楽な返済方法があります!

Fotolia_41699955_Subscription_Monthly_XXL_R

多額の借金を抱えてしまって、返済することができないという状況になることは珍しくありません。

そんなときに思いつくのが、夜逃げです。

いる場所が分からなくなれば、借金から逃げられるのではないか?と思いますよね。

 

確かに、一時的には借金から逃れることができます。

しかし、それは借金の取り立てから逃れることができるだけで、借金そのものはなくなりません。

むしろ逃げている間も利息や遅延損害金などで借金が増えていく一方でしょう。

 

夜逃げをして、借金取りから逃げ続ける生活を送らなければいけません。

いつも見つかるかもしれないという恐怖に怯え、精神的に休まる日は来ないでしょう。

「借金には時効があるし、それまで逃げ切れれば…」

という方も少なくありませんが、そう簡単には借金の時効は迎えられません。

 

基本的には借金の時効は5年なのですが、裁判を起こしたりすることで時効の期間を延長させることができます。

時効だと思って気を抜いていたら居場所がばれて、借金を支払わされることになることだって十分に考えられます。

借金が理由の夜逃げをしたら安定した日常を送ることができないので、決してやってはいけません。

借金を楽に返済する方法とは?

借金の理由で夜逃げをするくらいなら、もっと楽に返済する方法があります。

それは弁護士に相談をして債務整理をすることです。

夜逃げをするくらいに生活に困っているのであれば、まずは弁護士に相談をするべきですね。

なぜ弁護士に相談するべきなのかと言いますと、弁護士に相談をして債務整理の依頼をした段階で、借金の取り立てが止まります

たったこれだけのことで、借金の取り立てからの恐怖から解放されるのです。

 

また債務整理では、いろいろな借金の整理方法がありますが、かなり専門的な知識が必要なので、弁護士に相談して適切なアドバイスをもらうのが一番です。

例えば、借金はあるけれど家が残したいという場合があったとしましょう。

多くの場合では借金があると、自己破産を考えます。

しかし自己破産をすると、家も手放さなければいけないです。

そこで個人再生という借金整理方法を利用する選択肢があります。

個人再生ならば、家を残した状態で住宅ローン以外の借金を大幅に減額することができます。

 

このようにあなたの要望に合わせて、借金を整理することができるのでとりあえず弁護士に相談をしてみましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

夜逃げをする場合と比べれば、借金を整理した後の生活は非常に安定した生活を送ることができます

借金取りにばれないようにこそこそと生きていくような生活を送る必要がなく、昔のような平穏な日々を送ることができるので、借金に困っている場合はぜひ相談してみてください。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ