夜逃げをしても取り立てが来る!?間違ったやり方とは?

Fotolia_41126512_Subscription_Monthly_XXL_R

借金が原因の夜逃げをするにあたって特に心配なのは夜逃げをした後に、取り立てが来ることですよね。

夜逃げをする目的が、「借金から逃げる」なわけですから、取り立てに見つかるかどうかというのを心配して当然です。

しかし、夜逃げの仕方によって、夜逃げをしても取り立てが来る場合があります。

夜逃げをしても取り立てが来る場合とは?

夜逃げはばれないように実行するのが基本で、夜逃げそのものは非常に神経を使って実行する方が多いです。

そのため夜逃げの瞬間はばれないことが多いです。

しかし、その後の生活では少しだけ緊張が緩んでしまい、ばれないだろうと思って実行してしまうことがあります。

それが住所変更です。

 

生活していくうえで、住民票というのはとても大切です。

国の保証などを受けるのであれば、住民票が大事ですからね。

例えば、病気にかかった時のために健康保険に入りたいから、住民票を移すということをしてしまう人がいます。

夜逃げすぐではなく、1,2年経ってからなら大丈夫じゃないかと思って住民票を移そうと考えている人もいますよね。

しかし、住民票は移した段階で借主に居場所がばれると思ってください。

 

借金の場合は、戸籍を見る権利があるので、住所を移動させると分かってしまうのです。

特に業者は定期的に戸籍を調べている可能性が高いので、何年経っていようがばれると思った方がいいでしょう。

なので、もしも夜逃げをするのであれば、住民票なしで今後の生活を送る覚悟をした上で実行してください。

借金の取り立てがこないようにするには?

住民票を移しても借金取りがこないようにする方法はないのか?と考えるかもしれませんが、残念ながらそんな方法はありません。

借金の取り立てがこないようにするには、借金を返済するしかありません。

それ以外の方法では、どうしても取り立てが来る可能性が残ってしまいますね。

そもそもの話として「借金の返済に困っているから夜逃げをするんだよ」ということなのですが、夜逃げ以外にも借金をどうにかする方法はあります。

 

借金を減らす方法として、弁護士に相談をして債務整理をするという方法があります。

債務整理の手続きが終了する前でも弁護士に依頼をした段階で、借金の取り立てが止まります。

債務整理は夜逃げのように住民票の問題もなくなるので、債務整理後は今までと同じように平穏な暮らしを送ることもできます。

はっきり言って夜逃げに比べて圧倒的にましな暮らしを送ることができるので、借金の返済に困っているのであれば、一度弁護士に相談することをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ