多重債務でも時効の援用をすれば借金がチャラになる?

Fotolia_48810693_Subscription_Monthly_XXL_R

複数の業者からお金を借りていると、毎月の返済が非常に厳しいですよね。

リストラされたり、会社が倒産したりすると毎月の返済計画が狂ってしまうので、返済することが難しくなることもあります。

そういった時に気になるのが、借金の時効です。

「時効を迎えれば借金を返済しなくてもいい」と考える人は多いですが、実際のところはどうなのでしょうか。

この記事では、多重債務の場合の借金の事項について詳しく説明していきます。

  • 借金の時効について
  • 時効の援用について

借金の時効について

借金には時効があり、基本的には5年経過すれば時効を迎えることになります。

時効を迎えることで借金の返済をする必要もなくなるので、いざとなったら逃げまくることで借金の返済義務がなくすこともできます。

多重債務の場合はすべての借金が同時期に時効を迎えるとは限らないので注意してください。

 

借金の時効は最終取引から5年なので、最後に返済を行った月を基準に計算してください。

すべての借金を同時期に滞納したのであれば、同じときに時効を迎えることになりますが、滞納し始めた時期が違うのであれば、時効の時期も違うということです。

時効が中断されていることもある?

基本的には5年経過すれば時効となるのですが、業者側が色々な手続きを行うことで、時効を中断することもできるのです。

例えば、裁判を起こしたり、差し押さえを行ったりすることで時効が中断されてしまいます。

一度中断されると、カウントが元に戻るので、裁判を起こされてから5年経過する必要があります。

時効の援用について

時効は時効を迎えれば、自然と返済義務が消滅するわけではなく、手続きを行って初めて返済義務が消滅します

ちなみに、時効を迎えても返済したいという人のために、手続きが必要になっています。

その手続きを時効の援用と言います。

 

時効の援用の手続きは、「時効の制度を利用しましたよ」ということを業者に対して通達することで完了します。

時効援用通知書を内容証明郵便で送るのが一般的なやり方ですね。

時効の援用の手続きについてよく分からない場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

まとめ

時効を利用しようとしても、実際には時効の中断手続きを使われていることが多いです。

そう簡単に借金を取り逃すわけがないですからね。

多重債務に陥って返済することができないとなった場合に、逃げてもすべての借金で時効を迎えるのは非常に難しいでしょう。

一部の業者があきらめてくれたとしても、他の業者があきらめないということはありますからね。

 

なので、時効を迎えるために逃げ回るよりも、債務整理をして借金を整理することをお勧めします。

債務整理をすれば、借金を今よりも簡単に返済できるので、時効を迎えるのを待つくらいなら、弁護士に相談をしに行った方がいいでしょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ