多重債務者なら個人再生と自己破産のどっちがいいの?

Fotolia_39541409_Subscription_Monthly_XXL_R

多重債務で多額の借金を抱えている場合、任意整理では借金を整理できない場合があります。

そうすると、「大幅な借金減額が見込める個人再生」か「借金が帳消しになる自己破産」かで悩むと思います。

そこで、この記事では多重債務で多額の借金を抱えている場合に個人再生と自己破産のどちらを選ぶべきなのかを詳しく解説していきます。

個人再生と自己破産の選択時に気を付けるポイントとは?

個人再生と自己破産のどちらにするべきかを決めるときには以下の3つの基準を参考にするといいでしょう。

  • 借金の返済をする余裕があるか
  • 残したいものがあるかどうか
  • 借金の原因は何か

借金の返済をする余裕があるか

個人再生では、借金を大幅に減額することは可能ですが、それでも借金が残ります

その借金を返済する余裕があるのかというのが、まず大事ですね。

もしも借金を返済することができないというのであれば、個人再生を利用しても無駄です。

余計な手間になるだけなので、それならば最初から自己破産をしておいた方がいいでしょう。

残したいものがあるかどうか

自己破産はすべての借金を帳消しにすることができますが、すべての資産も手放さなければいけません。

例えば、家を残したいという希望があるのであれば自己破産ではなく個人再生を選択するべきですね。

個人再生では資産を処分することなく、借金を減額することができるので、残したい資産があれば個人再生を選ぶしかないですね。

ただ資産がある場合、資産がない場合と比べて返済額が大きくなることもあるので注意してください。

借金の原因は何か

自己破産をするときには、借金の原因によっては免責が認められないことがあります。

免責が認められないことには借金が0にならないので、自己破産をしても無駄になってしまいます。

借金の原因が、浪費・ギャンブルなどの場合は注意したほうがいいでしょう。

 

浪費やギャンブルが原因の借金でも自己破産が認められる場合もあるみたいなので、チャレンジする価値はありますが、その時は弁護士に依頼をした方がスムーズに審査が通りやすいです。

ちなみに、個人再生の場合は借金の原因に関係なく行うことができるので、浪費やギャンブルで作った借金ならば個人再生の方がいいでしょう。

 

まとめ

個人再生と自己破産には両方ともメリット・デメリットがあるので、あなたの借金状況やどうしたいのかというのが大切です。

「多重債務だったら、自己破産をしろ」というのはちょっと極端な意見もたまにありますが、耳を貸す必要はありません。

 

この記事では、どちらにするべきかを決めるときの基準を紹介しましたが、これでもよく分からないという人もいると思います。

そういう時には、弁護士に相談をするのが一番ですね。

あなたの借金状況に応じてどう対応するのがベストなのか答えを教えてくれるので、無料相談だけでも利用することをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ