多重債務を任意整理で借金減額することはできるのか?

Fotolia_48265569_Subscription_Monthly_XXL_R

多重債務の返済に困った時に一番考えることは「借金を減額することはできないのか?」ということですよね。

借金を少しでも減額することができれば、残りは返済していけるように頑張るのにという人も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では借金減額方法の一つである、任意整理について詳しく説明していきます。

  • 多重債務の場合に任意整理をするのはあり?
  • 友人や親からの借金も整理することになるの?

多重債務の場合に任意整理をするのはあり?

借金を減額することができる方法に、任意整理というのがあります。

多重債務で返済することができないとなったら、まず任意整理を考えるべきですね。

任意整理は、弁護士に依頼をすることで、業者との間に入って借金減額の交渉を行ってくれます。

 

「○○さんは、借金を返済することが厳しい状況にあるので、せめて利息を免除してくれませんか?」

みたいな交渉を行ってくれるというわけです。

本人が「返済状況が厳しい」と言っても、業者は聞く耳を持ってくれませんが、弁護士の場合はそう簡単に無視することもできないので、借金の減額が認められることが多いです。

 

どれくらい借金の減額をすることができるのかと言いますと、

  • 法律で決められた金利よりも高い金利でお金を借りている場合は、法律通りの金利に再計算をしてくれる
  • 将来にかかる利息のカット

などができます。

かなり昔から借金をしているのであれば、法律で決められた金利よりも高い金利で借金を返済していた可能性があるので、その分は引かれます。

 

また、利息がカットできるので、確実に元本を減らすことができるというわけです。

利息カットだけでもかなり返済が楽になりますよ。

例えば、100万円の借金があるならば、月々3万円の返済を3年かけて行えば返済することができます。

友人や親からの借金も整理することになるの?

自己破産を選択すると、すべての借金を整理することになるので、友人や親からの借金も他の借金と同様に処理されます。

そのため人間関係にヒビが入るということも珍しくありません。

任意整理では借金を整理する相手を選ぶことができるので、友人や親からの借金を除外して借金を整理することができます。

そのため人間関係に悩むことなく、借金問題が解決できますね。

 

ただし、消費者金融業者やカード会社などが相手の場合は、一つも除外しない方がいいでしょう。

1つだけ普通に返してもあまり意味がありませんし、それどころか借金の返済に苦労するだけなので、すべての業者の借金を整理するようにしましょう。

まとめ

借金の減額を目指すのであれば、まずは任意整理をすることを考えるようにしましょう。

ただ多重債務の場合、どれくらいの借金を抱えているかによっては別の方法で借金を減額したほうがいい場合もあります。

そういったことも含めて一度弁護士に借金について相談をすることをお勧めします。

>>匿名・無料で任意整理について弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ