住宅ローン・自動車ローンが原因の多重債務の解決方法とは?

Fotolia_51850519_Subscription_Monthly_XXL_R

住宅ローンや自動車ローンを組むときには特に借金がなくても、その後の生活の変化によって多重債務になってしまうということがあります。

例えば、

「住宅ローンを滞納すると、家をもっていかれてしまう」
「自動車ローンを滞納すると、車がなくなる」

という風にそれぞれ制限がかかっています。

 

家や車を失いたくないからという理由で、消費者金融から借金をしてでもお金を返そうとする人がいます。

「ボーナスが出れば返済できる」
「これから節約をがんばれば、なんとかなる」

と考えて、一時的に借金をするのですが、案外うまくいかないことの方が多いんですよね。

 

住宅ローンや自動車ローンの返済で困っているのにもかかわらず、金利が圧倒的に高い消費者金融から借りては返済をするのが余計に難しくなるでしょう。

一度お金を借りてしまうと、そこから歯止めが効かなくて、借金を繰り返しやすくなってしまいます。

そうするといつの間にか、もう返済をするのができないような状況に陥ってしまうことが多いです。

 

残念ながら、借金を返済することが難しいのであれば、家や車を手放すことを考える必要があるでしょう。

その時には、弁護士に依頼をして債務整理をしてしまうのが、一番楽に借金問題を解決できるのでお勧めです。

借金の状況によってどんな方法で借金を整理するのか変わってくるので、一度弁護士に相談をするといいでしょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

 

どうしても家は残したい!

多重債務を抱えていても、「思い入れのある家をどうしても残したい」という人は多いです。

家に関しては、例外的な処置として、残すことができる場合があります。

それが住宅ローン特則を利用した個人再生です。

住宅ローン特則を利用した個人再生であれば、住宅ローン以外の借金を大幅に減額することができます。

住宅ローンには一切迷惑をかけないので、個人再生を行っても家を手放すことなく、住宅ローン以外の借金を減らすことができるのです。

 

ただし、その場合には「住宅ローン+減額した借金」を返済できることが条件となっています。

住宅ローンに関しては、多少待ってもらったり、毎月の返済額を減らしてもらったりすることもできます。

それでも返済が苦しいようであれば、家のことはあきらめて自己破産をしてしまう方が、今後の生活を快適に過ごすことができます。

 

これが使えるのが住宅ローンだけで、自動車ローンは対象ではないので注意してください。

自動車を残したいのであれば、任意整理をすることで残すことができますが、任意整理だと減額幅が小さいので、借金の返済が苦しいままになる可能性もあります。

やはりあなたの収入や借金状況によって、どうするべきか変わってくるので弁護士にどういう方法を取るべきかなどを相談してください。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ