多重債務者でも生活保護の申請は通る?

Fotolia_46292471_Subscription_Monthly_XXL_R

多重債務の状態でも頑張って働いていて、なんとか返済をしていたが、リストラや病気のせいで会社を辞めることになってしまったという人はよくいます。

借金を抱えているのであれば、貯金があっても少ないでしょうし、借金の返済どころではないはずです。

そんな厳しい状況になって、どうすればいいのかと途方に暮れたこともあるでしょう。

そんな生活を何とかすることができるのが、生活保護です。

 

生活保護の申請が通れば、なんとか生きていくことはできますからね。

そういった時にこそ生活保護を利用するべきですからね。

しかし、借金を抱えている状態では生活保護の申請を通らないでしょう。

 

「借金を抱えた状態でも、生活保護の申請通ったよ」みたいなことがたまに言われていますが、これは自己破産をすることを前提に生活保護を申請したからでしょう。

自己破産をすれば、借金を0にすることができるので、自己破産をすることが前提であれば、生活保護を受けることができます。

 

自己破産というとイメージがあまり良くないので躊躇してしまう人がたまにいます。

しかし、国に認められている制度なので、何もやましいことではありません。

それにブラックリストに載ると言われていますが、あれば一般には公開されないものですし、自己破産であれば10年経過すれば消えます。

 

想像をすればするほど、ひどい目に合うのではないかと悩むかもしれませんが、実際にやってみれば大したことがないということが分かると思います。

それくらい平穏な生活が送れます。

しいて不便を感じることがあるとすれば、10年間借金ができなくなることやクレジットカードが作れなくなることぐらいでしょう。

自分で貯金をして買えば、すべてのものを買うことはできるので特に問題はありません。

 

むしろ借金に苦しめられてきたわけですから、そういうのを利用する癖をなくすちょうどいい機会だと思いましょう。

それで生活保護の申請をする前には、弁護士に自己破産の依頼をしましょう。

本来であれば借金を0にしてから申請するべきだと思いますが、自己破産の手続きは時間がかかるのでそれまで生き延びることが困難なこともあります。

なので、自己破産を依頼しているということを生活保護の申請をするときに伝えれば、申請が通りやすくなるでしょう。

まだ何も動いていないとなると、受け付けてくれないこともあるので注意してください。

※生活保護の審査が通るか通らないかの基準は自治体によって大きく異なるので、あくまで参考程度にしてください。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

一番やってはいけないことは生活保護で借金返済をすること!

自己破産をするという約束をすれば、生活保護の申請が通ってしまう場合があります。

しかし、生活保護費で借金を返済することだけはやめましょう。

生活保護はあくまで生活を送るための必要最低限のお金を支給するというものです。

その中には当然借金返済のためのお金は含まれていません。

 

もしも借金返済に使っていることが分かった場合には、生活保護の取り消しになる場合があります。

その段階で仕事が見つかっていなければ、それこそ生活していく方法がなくなってしまいます。

なので、生活保護を受けるのであれば、自己破産をしてから申請を行いましょう。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ