多重債務で夜逃げすると、つらくて大変な生活になる?

Fotolia_41699955_Subscription_Monthly_XXL_R

色々な業者からお金を借りて多重債務になると、返済をするのが難しくなります。

借金を返済するために、借金をしまう人も多いですよね。

こうなると、どんどん利息が増えていくだけなので、雪だるま式に借金が膨れ上がってしまいます。

借金が自力で返済することができなくなったら、多くの人が考えてしまうのが「夜逃げ」です

夜逃げをすれば、借金から逃げることができるんじゃないかと思いますからね。

 

そこで、この記事では多重債務で夜逃げをするとどうなるのかということについて、詳しく説明していきます。

  • 多重債務で夜逃げをすると余計に大変な生活になる?
  • 夜逃げをするよりも快適な生活が送れる借金問題の解決方法とは?

多重債務で夜逃げをすると余計に大変な生活になる?

夜逃げをして、業者から居場所が分からないようになれば、督促状も届かなくなるので、借金から逃げることはできます。

借金は最終取引から5年で時効を迎えるので、それまで逃げるという人もいますね。

ただし時効は5年なのは、業者が何も対策を行わなかった場合です。

 

例えば、裁判を起こしたり、差し押さえが行われたりすると時効のカウントが止まり、0に戻ってしまいます。

なので、自分では時効を迎えたと思っても、実は時効になっていなかったということもありえますね。

業者はそう簡単に借金を手放さないので、何かしらの対策をすると思った方がいいでしょう。

 

そうなると、ずっと隠れて生活をしていく必要があります。

特に、住所変更ができないことが日常生活で大きな影響を及ぼしますね。

債権者には戸籍を見る権利が認められているので、もしも住所変更を行うと居場所がばれてしまいます

 

なので、夜逃げをするのであれば、住所変更をしてはいけないのですが、住所変更をしないと色々な不都合が生じます。

例えば、健康保険に入れなかったり、免許の更新ができなかったりと、公的なサービスを受けることはできなくなります。

また、住民票も使えなくなるので、様々な手続きで不便な思いをしますね。

就職をする場合でもきちんとした会社であれば、住民票を必要とすることが多いので、それなりの会社でしか働くことはできないでしょう。

 

このように夜逃げをしても、あまりいい生活を送ることができず、不便で大変な思いをすることになるでしょう。

それくらい夜逃げはよくないことなので、多重債務だからと言って夜逃げをすることはあまりお勧めできません。

夜逃げをするよりも快適な生活が送れる借金問題の解決方法とは?

上で紹介したようなデメリットが嫌なのであれば、弁護士に債務整理の依頼をすることをお勧めします。

債務整理を利用すれば、借金を減らすことができるので、今の収入状況でもなんとか借金を0にすることもできます。

最悪の場合は、自己破産をすることになるかもしれないけれど、夜逃げよりはましですね。

 

債務整理をすることによって、住所変更ができなくなるわけではないので、夜逃げのようなデメリットは一切ありません。

しいてデメリットをあげるのであれば、5~10年間お金を借りることができなくなるということですが、これは夜逃げをしても借りることができないので、大した問題ではないでしょう。

国に認められた方法で借金を整理することができる債務整理を利用して、多重債務を解決していきましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ