特定調停後に延滞・滞納した場合~払えないときの対処方法~

Fotolia_45340117_Subscription_Monthly_XXL_R

特定調停では、裁判に申し立てをして業者と和解することができたら、残った借金を返済する必要があります。

基本的には返済に無理がないような計画を立てるのですが、その後の生活状況が悪化して支払うことができなくなったということもあるでしょう。

そこで、この記事では特定調停後に延滞・滞納した場合の対処方法について説明していきます。

  • 延滞・滞納をするとどうなるの?
  • 支払えないことが分かった時はどうすればいいの?
  • 支払えない場合はどうすればいいの?

延滞・滞納をするとどうなるの?

特定調停後に延滞・滞納を2回以上すると、残った借金を一括で支払うように請求がきます。

一括請求が来ても、ほとんどの人は払うことができないですよね。

もしも払うことができないのであれば、強制執行が行われます。

強制執行では給料や口座の差し押さえられてしまう場合もあるでしょう。

 

これはかなり厳しい処置ですが、特定調停は裁判所が認めた合意書なので、通常よりも簡単に強制執行を行うことができます。

特定調停を使うのであれば、支払いの滞納だけには十分に気を付けてください。

支払えないことが分かった時はどうすればいいの?

特定調停で決まった返済計画に従って、返済することができなくなったら、まずやることは業者に連絡することです。

滞納をすると、一括請求を行うことができるようになるだけで、必ず請求しなくてもいいのです。

一括請求・強制執行は業者のさじ加減で決まるということです。

なので、とりあえず業者に連絡して、返済が遅れることを伝えいつに支払うことができるのかということを伝えましょう。

 

業者としては借金を返済してもらえればいいので、返済が遅れることを許してくれる場合もあります。

絶対に返済の遅れを認めてくれるとは限らないので注意してください。

支払えない場合はどうすればいいの?

業者に相談をしても、その後の返済をすることが明らかに無理な場合には、弁護士に相談をして、個人再生や自己破産などの手続きを行うしかありません。

特定調停をした後でも、個人再生や自己破産などは行うことができます。

個人再生や自己破産を行えば、借金を大幅に減額したり、チャラにできたりするので、借金に困っているのであれば利用する方がいいでしょう。

まとめ

特定調停では、延滞や滞納をすると強制執行になる可能性が非常に高くなるので、可能な限りきちんと支払っていくようにしましょう。

どうしても支払うことができない場合には、弁護士に相談をして個人再生や自己破産などの債務整理を行うようにしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ