特定調停で借金の減額をすることができる?

Fotolia_54328488_Subscription_Monthly_XXL_R

特定調停は、弁護士を利用せずに裁判所を利用して、任意整理を行うようなものです。

特定調停を利用することである程度は借金を減額することができます。

「少しでも多くの借金を減額することができればいいなー」と思うのが普通ですよね。

 

そこでこの記事ではどれくらい借金を減額することができるのかということについて詳しく説明していきます。

特定調停での借金の減額幅は?

特定調停は任意整理と借金の減額幅はほぼ同じです。

借金そのものを減額できる場合は、過去に余分な金利を支払っている場合のみです。

というのも、2007年よりも前は、法律で定められている金利よりも高い金利で利息を取っていたので、その分を引くことができるということです。

このことを引き直し計算と言います。

 

それで2007年よりも後の場合は、法律通りの金利になっていることが多いので、引き直し計算ができる見込みはかなり小さいですね。

余分に支払っていない場合は、減額することができないということです。

余分に払っているか、払っていないかを見極めるポイントは、2007年よりも前にお金を借りているかということだけでなく、消費者金融(サラ金)からお金を借りているかどうかということです。

 

というのも、銀行系の場合は昔から、きちっと法律を守っているので、余計な利息を支払っていないですね。

消費者金融であれば、高い確率で余計な金利を支払っているでしょう。

つまり、引き直し計算ができる場合は借金そのものを減額することができるということです。

 

これの他の減額は、利息カットによる実質的な減額ですね。

特定調停をする場合には、これからかかる利息を支払わなくてよくなるので、今後は元本のみの返済でよくなります。

これだけでも完済までの道のりがはっきりするので、返済はぐっと楽になりますね。

任意整理と特定調停の減額幅の違いは?

上の方で、特定調停は任意整理と借金の減額幅はほぼ同じと言いますが、完全に同じではありません。

少しだけ任意整理の方が有利になっています。

どれくらい有利かと言いますと、手続き中の利息や遅延損害金を支払わなくてよくなるくらいです。

特定調停や任意整理の手続きを開始すると、一時的に返済とストップすることになります。

特定調停の場合は、その間の利息や遅延損が金を支払わなくてはいけないということになりますね。

 

まとめ

このように特定調停を行うことで、借金を減額することができます。

ただ注意点としては、裁判所で自動的に引き直し計算をしてくれるとは限らないということです。

熟練の人に当たれば大丈夫ですが、あまり経験がない人だと引き直し計算をせずに業者と和解を結ぶことになります。

なので、特定調停を行う場合には、自分でしっかりと知識を身につける必要があるということです。

これって意外と面倒なことなので、楽に手続きを終わらせたいのであれば、弁護士に任意整理の依頼をすることをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ