特定調停の費用とは?弁護士に依頼するといくらになる?

Fotolia_48265569_Subscription_Monthly_XXL_R

特定調停を行う時のメリットとして、他の債務整理の方法と比べて費用が安いという特徴があります。

費用が安い反面、すべての手続きを自分で行う必要がありますけどね。

それで、具体的にいくらくらい費用が掛かるのかと言いますと

1社につき、印紙代500円と切手代400円を納める程度でOKです。

 

もしも、5社の消費者金融からお金を借りている場合は、

(500円+400円)×5=4500円

※裁判所によって値段が多少異なる場合があります。大きくは異ならないので、多額な費用が掛かると思わなくて大丈夫です。

 

また、特定調停を行う場合には、最寄りの簡易裁判所までいかなくてはいけないので、そこまでの交通費などがかかりますね。

合計しても1万円もかからずに、借金を整理することができるでしょう。

弁護士に依頼したらどうなるの?

弁護士に依頼すると、1社当たりの料金(約900円)に弁護士費用が別に必要になってきます。

弁護士に依頼をすれば、必要な書類などを揃えてもらうことになるので、その分の費用ということです。

その費用は大体10万円~30万円ほどになることが多いです。

 

※弁護士事務所によって料金が異なります。借金を整理する業者が多ければ高くなります。

ただ弁護士に依頼をするのであれば、正直特定調停にするメリットはほとんどないと言っていいでしょう。

というのも、特定調停のメリットは安く借金を整理することです。

 

弁護士に依頼をするのであれば、お金がかかるので、そのメリットはなくなります。

また、特定調停にはデメリットがありまして、それは特定調停後の返済で支払いが2回以上遅れると給料や口座の差し押さえが行われる可能性が発生します。

特定調停は裁判所を利用して、業者と和解をする分、強制力が強いのです。

そのため返済が遅れると簡単に差し押さえをすることが可能になっています。

なので、弁護士に依頼をするのであれば、特定調停はおすすめできません。

 

弁護士に依頼をしてみれば分かりますが、おそらくおすすめされません。

弁護士に借金の整理を依頼する場合には、任意整理になると思います。

任意整理の方が特定調停よりも借金の返済額を減らすことができたり、万が一滞納しても特定調停ほどの強制力はあったりしません。

まとめ

特定調停を自分で行うのであれば、非常に安く手続きを終えられます。

しかし、弁護士に依頼をするとなると費用が高くなります。

もちろん弁護士に依頼をすれば、借金整理の手続きのほとんどをやってもらえるので、楽に借金を整理することができます。

借金問題を抱えているのであれば、一度弁護士に相談をしてあなたに最適な借金整理方法を教えてもらうことをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に依頼をするならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ