特定調停と債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の違い

Fotolia_56132361_Subscription_Monthly_XXL_R

特定調停は債務整理の中でも少し変わっていて、基本的に自分で行うことが前提となっています。

特定調停以外の債務整理は弁護士に相談をして進めることが多いんですけどね。

特定調停を利用して自分で借金を整理するのはいいのですが、他の債務整理とどのように違いは知っておくべきです。

あなたの借金状況によっては特定調停では対応できない場合もあるので、その場合は無駄な手間を取ることになってしまします。

 

この記事では、そんな無駄な手間を取らないように、特定調停と各債務整理の違いについて説明しています。

  • 特定調停と任意整理の違い
  • 特定調停と個人再生の違い
  • 特定調停と自己破産の違い

特定調停と任意整理の違い

特定調停と任意整理は借金の減額幅としては同じような感じになります。

引き直し計算をした後の借金を利息なしで3年かけて支払うというようになっています。

 

例えば、100万円の借金があった場合に、引き直し計算をしたら80万円になったとしましょう。

すると、80万円を3年かけて支払うので、毎月約2万2千円の支払いをすることになります。

それでは違いは何かというと

  • 特定調停では裁判所(調停委員)が業者との間に入って交渉をしてくれる
  • 任意整理では弁護士が業者との間に入って交渉をしてくれる

という形になっています。

 

特定調停では裁判所を利用するので費用が安い反面、自分で手続きを行うので手間がかかります。

任意整理では、弁護士に依頼をするので手続きの手間がかからない反面、お金がかかります。

仕事が忙しくて自分で特定調停を行うことができないという場合には、任意整理を選ぶことになるでしょう。

>>匿名・無料で任意整理に強い弁護士に相談するならこちらから

特定調停と個人再生の違い

特定調停と個人再生の違いは、借金の減額幅です。

特定調停では引き直し計算くらいしか借金の減額は無理で、場合によってはほとんど減額できない場合もあります。

 

しかし、個人再生では以下のように借金の減額幅が決まっています。

  • 借金額100万円以下…借金はそのまま
  • 借金額100万円以上、500万円以下…100万円
  • 借金額500万円以上、1500万円以下…借金額の20%
  • 借金額1500万円以上、3000万円以下…300万円
  • 借金額3000万円以上、5000万年以下…借金額の10%

このように特定調停と個人再生では借金額の減額幅が違います。

 

個人再生では、借金が減額されたら原則として3年かけて借金を返済することになっています。

特定調停では返済することができないような借金を抱えている場合には、個人再生で借金を減額して返済するようにしましょう。

>>匿名・無料で個人再生に詳しい弁護士に相談するならこちらから

特定調停と自己破産の違い

特定調停と自己破産の違いは、自己破産ならば借金をチャラにすることができるという点です。

どう頑張っても借金が返済できないという場合には、自己破産を選択することになりますね。

ただし自己破産は特定調停と違って、借金の理由が問題になります。

 

例えば、浪費やギャンブルなどが原因だと、自己破産をしても免責が認めてもらえない可能性があります。

免責が認められないと自己破産の手続きを行っても借金は0にならないので注意してください。

ちなみん、特定調停では借金を作った原因は問われません。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ