特定調停では代理人として弁護士や司法書士は動いてくれる?

Fotolia_48810693_Subscription_Monthly_XXL_R

特定調停というのは、代理人に頼むものではありません。

特定調停は自分で裁判所に申し立てをして、調停委員が借主と貸主の間に入って、借金返済についての話し合いを行うというものです。

その話し合いで合意が得られれば、合意した内容で借金を返済していくことになります。

 

裁判に申し立てをするとなると、弁護士や司法書士に依頼をするというイメージを持っている人が多いですが、あくまで自分でやるものです。

弁護士や司法書士に依頼をすることができますが、それなりのお金(10~20万円)を取られるので、わざわざ特定調停を選ぶ必要はないと思います。

 

特定調停の大きなメリットには「借金を整理する費用が安い」という点がありますからね。

弁護士や司法書士に依頼をするとなると、このメリットがなくなってしまうので、意味がなくなってしまうのです。

弁護士に依頼をするのであれば、最初は相談という形で、どんな借金の整理方法をするのがベストなのかということについてのアドバイスをもらうことから始めることになりますね。

家族が代理人として動くことはできるのか?

家族が借金をした人の代わりに、裁判所に申し立てを行うことができるのかという疑問を持っている人は多いですね。

例えば、夫が借金をしたが、働いているために特定調停を行う時間がないということで、代わりに妻が特定調停を行うことができないかというようなケースです。

 

この場合は、例え家族で会っても代わりに特定調停を行うことはできません。

あくまで本人が手続きを行う必要があります。

借金を解決するにあたって、借金をした本人が解決に大きく関わっていないと、将来的にまたお金を借りて返済に困るということになりかねないので、苦労をするということも大事なのです。

まとめ

特定調停を行うのであれば、基本的には自分で申し立てを行う必要があります。

特定調停の手続きは書類をそろえたり、自分で裁判所に行ったりとかなり大変です。

自分で特定調停の申し立てを行うことができないのであれば、弁護士に相談をして債務整理をすることをお勧めします。

専門家に任せるのが最も楽ですし、失敗もありませんからね。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ