自己破産で就職や転職に不利な影響ある?履歴書に書く必要は?

自己破産 転職 就職

  • 自己破産をすると就職や転職に不利な影響があるのか?
  • 自己破産したことを履歴書に書く必要はあるのか?
  • 自己破産すると銀行や金融機関などに就職できなくなる?
  • 家族が自己破産したとき就職に影響するのか?
  • 自己破産した後は就職するときの保証人になることはできる?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産と就職について詳しく説明していきます。

1.自己破産すると就職や転職に不利な影響があるのか?

結論から言いますと、自己破産しても基本的には就職や転職に不利な影響は出ないと思って大丈夫です。

 

自己破産をすると、官報に個人情報が載ります。

そのため会社は調べようと思えば自己破産したかどうかを調べることができます。

しかしわざわざ自己破産したかどうかを調べる会社はほとんどありません。

会社としてはまじめに働いてくれる人であればいいわけで、その人の能力と自己破産にはあまり関係がないからです。

お金の使い方が荒い人でも仕事は優秀という人はいくらでもいますからね。

いちいち自己破産したかどうかを調べてはじくということはしません。

 

ただし、いくつか例外的に影響が出る場合や就職できない職業があります。

・自己破産手続き中に就職や転職ができなくなる職業とは?

自己破産をした場合、職業制限・資格制限があります。

例えば

  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 公安委員会委員
  • 公正取引委員会委員
  • 宅地建物取引業者
  • 証券会社の外交員
  • 商品取引所会員
  • 貸金業者
  • 警備員
  • 質屋
  • 生命保険募集員
  • 損害保険代理店
  • 信用金庫等の会員・役員
  • 一般労働派遣事業者とその役員
  • 日本銀行の役員
  • 旅行業者

などがあります。

 

ただこの職業制限はあくまで自己破産の手続き中のみとなっています。

自己破産をして免責が認められた後であれば、復権して再び仕事に就くことができます。

なので、自己破産後であれば特に就職や転職に支障が出ないと思って大丈夫です。

 

職業制限を受けたら困るという場合には、自己破産をするのではなく、他の債務整理の方法で借金を整理する必要があります。

自分では自己破産しかないと思っていても、意外と他の方法で借金が整理できる場合もあります。

本当に自己破産する必要があるのか気になるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも調べることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

2.自己破産すると銀行や金融機関への就職が難しくなるって本当?

基本的には自己破産をしても、就職や転職には影響が出ません。

しかし、銀行やクレジットカード会社や消費者金融などの金融系には不利な影響が出ることもあります。

 

自己破産をした場合には、銀行やクレジットカード会社や消費者金融などに損害を与えることになります。

会社に損害を与えるような人を積極的に採用することはありません。

特に自己破産で借金を帳消しにした会社には就職することは難しいでしょう。

 

また金融系の企業にとっては信用情報はとても大事です。

ローンの審査やクレジットカードの審査でも見られるくらいですから、就職や転職時にその人の信用情報がどうなっているのかをチェックする可能性が高いです。

普通の企業では信用情報をチェックすることはできませんが、金融系の企業であれば信用情報を調べることは簡単です。

なので、自己破産をしていることも簡単にバレてしまいます。

 

自己破産をしたときには、銀行やクレジットカード会社や消費者金融などの金融機関への就職や転職は難しいと思っておいた方がいいです。

・家族の人が自己破産したとき就職や転職に不利な影響は出るのか?

自分が自己破産をしていなくても、両親が自己破産をした、兄弟が自己破産をしたということもありますよね。

この場合でも、銀行やクレジットカード会社や消費者金融などの金融機関への就職や転職に影響は出るのでしょうか?

結論を言いますと、影響が出ることはほとんどありません。

 

就職をするときには、あくまで本人の能力や信用が大切になります。

それに会社としても家族までの情報を調べることはしません。

なので、家族が自己破産したけれど、銀行に就職したいという場合でも、自己破産をしたことを理由に採用されないということはないでしょう。

もし採用されない場合は、力不足だと思ってください。

3.自己破産したときには就職・転職時に履歴書に書く必要はあるのか?

就職活動や転職活動の時に、自己破産したことを会社に伝えたら、マイナスの印象を持たれやすいです。

そのため自己破産したことを内緒に面接を受けたいという人は多いと思います。

もし自己破産した後は、履歴書に自己破産したことを書かなければならないのでしょうか?

結論から言いますと、自己破産したことを履歴書に書く必要はありません。

 

上でも説明したように基本的には自己破産と就職には関係がありません。

履歴書の中には「賞罰」を書く欄がある場合がありますが、自己破産は別に犯罪ではないので、書く必要がありません。

また就職する際にわざわざ自己破産したことを伝える義務もありません。

就職をする際の面接でも、自己破産したことを聞かれるということもないので、過去に自己破産したことがバレる心配もほとんどしなくて大丈夫です。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ