うつ病で失業して借金返済できない!自己破産はできる?

自己破産 うつ病

  • うつ病の人でも自己破産はできるのか?
  • うつ病で借金額はいくらから自己破産できるのか?
  • 自己破産するときうつ病の医師の診断書は必要なのか?
  • うつ病で失業して借金返済ができない場合はどうすればいい?

などいろいろ気になることがあると思います。

そこでこの記事ではうつ病の人の自己破産の手続きについて詳しく説明していきます。

1.自己破産はうつ病の人でもできる?

うつ病が原因で失業したとき借金を抱えているとその後の返済が難しいですよね。

働きたくても働けない状態になりますから、自己破産を検討するもの一つの手段です。

うつ病になった場合でも自己破産を行うことはできるのでしょうか?

 

結論を言いますと、うつ病の人でも問題なく自己破産をすることができます。

自己破産をするときには「支払い不能状態」であることが求められます。

簡単に言えば、借金を支払うことが無理だということを客観的に証明する必要があります。

例えば、月収20万円の人が1億円の借金を抱えてしまった場合は明らかに借金を返済するのが無理ですよね。

 

このように支払い不能状態である必要があるのですが、うつ病の場合も支払い不能状態に当てはまります。

うつ病になって失業して収入がなくなってしまう人もいます。

うつ病はすぐに治るものでもありませんので、十分に支払い不能状態とみなされます。

・借金額がいくらから自己破産できるのか?

自己破産をするときには借金の金額は関係ありません。

上でも説明したように支払い不能状態にあることがポイントになっています。

なので、100万円以下の借金であっても、うつ病で失業してその後も働くことが難しければ自己破産をすることができます。

金額による制限はないので、うつ病で借金を支払うことができないという場合には、弁護士に相談をすることをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

2.うつ病で自己破産をするときには医師の診断書があると有利

うつ病の人は自己破産をするときに、かなり有利に手続きを進めることができます。

 

一般的には自己破産の手続きをするにあたって、裁判官が申立人と面接をします。

この時に自己破産に至った経緯や借金原因、反省の態度などをいろいろと調べます。

しかし、うつ病の人は裁判官との面接が省略されるケースもあるのです。

 

うつ病の人には裁判所としても、あまり無理をさせたくないという気持ちがあります。

また仮にしつこく質問などをしてうつ病の人を追い込んでしまうと、よりうつ病の症状が悪化する可能性もあります。

そういった責任を取るのも裁判所は嫌がるので、比較的スムーズに免責が認められることが多いです。

 

こういった利点があるため、うつ病を悪用して自己破産を行われる危険性があります。

そこで医師の診断書でうつ病であることを証明したほうが、自己破産の手続きがスムーズに進みます。

 

もちろん自己申告でも自己破産の手続きは進めることができますが、自己申告だけだと裁判官との面接がある可能性が高くなります。

医師の診断書があるとうつ病であることを証明すれば、裁判所も「この人は本当にうつ病なんだな」と理解してくれ手続きが省略されることもあります。

もちろんうつ病の診断書を出せば必ず面接がなくなるわけではありませんが、手続きをスムーズに進めるためにも診断書を用意しておいた方がいいですね。

 

自己破産に強い弁護士であれば、この辺のテクニックも知っていると思うので、依頼をしたときには医師から診断書をもらってくるように指示されると思います。

3.生活保護申請をする前に自己破産をしておく

うつ病で失業した場合には、生活保護をもらうことを検討している人もいるかと思います。

しかし、借金を抱えている場合だと生活保護申請をしても通らないことが多いです。

生活保護は必要最低限度の生活を送るための制度で、借金を返済するための生活保護費を使われるのを防ぐ必要があるからです。

そのため福祉事務所に生活保護の相談をしに行くと債務整理(自己破産)をすることを勧められます。

もしくは債務整理(自己破産)を条件にしてくることが多いです。

 

なので、うつ病で働くことができないから生活保護を申請するという場合には、あらかじめ借金を自己破産しておいた方がいいです。

費用がない場合には、相談する弁護士に法テラスを利用したいという旨を伝えれば、自己破産の資金を法テラスが立て替えてくれます。

なので、うつ病で借金の返済に困っている場合にはとりあえず弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で自己破産に強い弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ