自己破産や個人再生で官報の掲載期間はいつ?調べ方は?

官報 自己破産 個人再生

  • 官報から自己破産や個人再生したことがバレる心配はないの?
  • 官報の情報はいつからいつまで載るの?
  • 官報の閲覧方法や自己破産や個人再生の調べ方は?
  • 官報に掲載された名前や住所はいつ消えるのか?
  • 自己破産や個人再生をすると官報にどんな情報が載るのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産や個人再生の官報について詳しく説明していきます。

1.官報から自己破産や個人再生をしたことがバレる心配はある?

自己破産や個人再生をすると官報に名前や住所などが載ってしまいます。

この時心配なのが、官報の情報を見られて会社の人や家族などに自己破産や個人再生をしたことがバレることです。

官報に情報が載ることによって、バレることはあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、基本的に知人に官報から自己破産や個人再生をしたことがバレることはありません。

 

官報というのは、個人再生や自己破産をしたことを一般に公開する新聞みたいなものです。

一般に公開と言われると、なんだかドキッとしますが、官報なんて見ている人はあまりいません。

というよりも、官報の存在を知らない人の方が多いですね。

おそらくあなたも債務整理について調べるようになってから、官報の存在を知ったと思います。

官報に載ったからと言って、近所の人に自己破産や個人再生をした事実がばれる、職場の人にばれるということは基本的にはありません。

 

官報に載るから個人再生や自己破産をしたくないという人もいますが、それは心配のし過ぎです。

ただどうしてもいやだという場合には任意整理で債務整理をするという方法もあります。

もしかしたら任意整理で借金を整理することができるかもしれないので、弁護士や司法書士などの専門家に相談してみることをお勧めします。

こちらの借金減額シミュレーションを使えば、いくら借金が減るのか専門家に聞くことができますよ。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

2.自己破産や個人再生を行うと官報にどんな情報が載るのか?

どんな情報が載るのかは、自己破産なのか、個人再生なのかによって若干異なりますが、大体は以下のような内容が含まれています。

  • 住所
  • 氏名
  • 決定年月日時
  • 主文(破産を開始するなどの情報)
  • 届出期間

住所については、主に今住んでいる住所が記載されることになっていますが、場合によっては前住所も記載される場合があります。

どういう場合に、前住所が掲載されるかという基準が不明確なのですが、開始決定時の住所と免責や認定決定時の住所が違う場合に、前住所が掲載されることが多いそうです。

住所については、手続きが完全に終わった段階で、引っ越しをすれば分からなくなるので、そこまで怯える必要はないですね。

本名も載りますが、同姓同名の人も結構いるので、ユニークな名前でない限り他の人にばれるということもあまりないですね。

なので過剰に心配することなく債務整理を前向きに検討することをお勧めします。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

3.自己破産や個人再生の情報が官報に掲載される期間は?消すことはできる?

官報に自己破産や個人再生の情報が掲載されるタイミングは複数回あります。

どんなタイミングで掲載されるのかと言いますと、自己破産と個人再生で違います。

  • 自己破産:開始決定の約2週間後、免責決定の約2週間後(計2回)
  • 個人再生:開始決定の約2週間後、書面決議決定の約2週間後、認可決定の約2週間後(計3回)

 

いつまでこの情報が掲載されているのかと言いますと、ずっと掲載されています。

ずっと掲載されているというと語弊があるかもしれませんが、新聞みたいなものなので1回発行されたら保存されている限り、ずっと官報の情報を見ることができます。

官報から自己破産や個人再生をした事実を消すはできません。

ただインターネットで閲覧する場合、無料期間は30日となっています。

その後は有料になるので見る人の数はぐっと減ることになるかと思います。

・信用情報機関に登録された官報の情報はいつ消える?

信用情報機関に自己破産や個人再生をしたことが載るといわゆるブラックリストに載ったということになります。

そのせいで新しいローンやクレジットカードを作ることができなくなります。

信用情報機関には官報の情報の掲載される仕組みになっています。

信用情報機関の官報情報については、削除期間が決まっています。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC):5年
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC):5年
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC):10年

最大で10年経てば官報の情報が消えることになりブラックリストから削除されることになります。

そのあとであれば新しくローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることができますよ。

4.官報の閲覧方法は?自己破産や個人再生の調べ方は?

官報の閲覧方法は大きく分けると2つあります。

  • 紙の官報を購読する
  • インターネット版官報を閲覧する

・紙の官報を購読する

紙の官報を定期購読するならこちらから

紙の官報を定期購読するには1ヶ月 3,641円(本体 1,520円+消費税121円+送料2,000円)かかります。

ちなみに紙の官報は図書館においてあることが多いです。

どれくらいの期間の官報がおいてあるかは図書館によって異なります。

・インターネット版官報を閲覧する

インターネット版官報はこちらから閲覧することができます。

インターネット版官報は30日間無料で閲覧することができます。

30日よりも前の官報を閲覧したい場合は有料となります。

有料版であれば、日付やキーワードを指定して検索することができます。

インターネット版官報の料金体系

冊子官報購読者 冊子官報購読者以外
日付検索のみ 無料 1,641円
日付検索+記事検索 518円 2,160円

まとめ

個人再生や自己破産をすると官報に情報が載ってしまいますが、それでも借金が大幅に減額されたりチャラになったりするのは大きなメリットです。

多額の借金を返済する苦労に比べたら本当に些細なことなので、あまり気にしないようにした方がいいでしょう。

あなたが思っているよりも、人は官報の情報を見ていないので、ばれる心配はしなくてもいいと思います。

 

どうしても官報に情報を載せたくないのであれば、任意整理で頑張って返済していくしかありません。

借金額によっても取れる対処方法が異なるので、一度弁護士に相談することをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ