過払い金返還請求における分断とは?基準や交渉術について

Fotolia_56399442_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 過払い金返還請求の分断とは何なのか?分断される場合と分断されない場合の違いとは?
  • 過払い金返還請求における分断の基準はどれくらいの期間なのか?
  • 過払い金返還請求で分断されたとみなされないようにする交渉術とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では過払い金の分断について詳しく説明していきます。

1.過払い金返還請求の分断とは?

過払い金を請求すると多くの業者は、「分断しているので、過払い金は○○円です。」とこちらが要求する金額よりも安い金額を提示してくる場合があります。

こちらの想定していた金額よりも低ければ不満が出て当然です。

しかし、貸金業者は分断を理由にかたくなに支払いを拒否することが多いですね。

時には開き直って「裁判を起こしてください。」という場合もあります。

 

途中で完済している場合に、すべての契約を一つにして過払い金の計算をするのではなく、別々の契約として過払い金を計算するのが分断です。

例えば、「2000年~2004年まで」と「2005年~2009年まで」お金を借りていたことがあったとしましょう。

この場合は「2000年~2004年まで」と「2005年~2009年まで」の2つの契約があったとみなすのが分断ということです。

 

2.過払い金返還請求で分断するのとしないのでは何が違うのか?

簡単に説明すると、過払い金返還請求で取り戻せるお金の金額が異なります。

分断せずに一つの契約として計算をした方が、多くの過払い金を取り戻すことができます。

逆に分断してしまうと過払い金の金額が減ってしまいます。

 

どういうことかと言いますと、2004年の段階で完済していて、過払い金を請求できていればそれなりのお金が手に入ります。

金銭的に余裕ができれば、2005年にお金を借りる必要がなかった可能性がありますよね。

もしくは、借りたとしても、借りる金額が少なくなるはずです。

 

分断せずに一つの契約として計算する場合は、この場合を想定して計算することができるのです。

借りるお金が少なくなる分、支払うべき利息が減るので、多くの過払い金が発生するということです。

 

少し難しいので、具体的に説明しますね。

例えば、2004年に完済した後、2005年に50万円お金を借りていたとします。

もしも2004年の段階で過払い金を請求していたら、30万円の過払い金が発生していたとしましょう。

すると、2005年には50万円もお金を借りる必要はなく、20万円で済みますよね。

 

法定金利である18%で年間の利息を計算すると

分断をした場合は、50万円に対して利息が発生し、年間の利息は90000円となります。

分断せずに一つの契約の場合は、20万円に対して利息が発生し、年間の利息は36000円となります。

50万円に対しての利息のほうが大きくなるので、その分多くのお金を貸金業者に対して支払うことになります。

貸金業者の取り分が大きくなる分だけ、過払い金の金額が減ってしまうというわけです。

 

つまり、分断されることなく、一つの契約として過払い金を請求する方がお得ということです。

3.過払い金返還請求で分断される基準について

過払い金返還請求では途中で完済していても分断されない方がお得なので、自分の場合はどうなのかすごく気になると思います。

分断の基準を知りたいという人は多いですが、正直な話、分断される基準はかなりあいまいです。

 

最終的な判断は裁判官が行うものなので、同じ期間分断されていたとしても結果が異なる場合があります。

一般的な話をするのであれば、分断される基準となるのは約1年です。

1年以内であれば、比較的途中で解約したのではなく同じ契約であるとみなされやすいです。

少し過ぎていても一つの契約であったことを証明することができればいいので、あきらめないでください。

4.一連の契約だとみなすための交渉術について

契約を分断しているのではなく、一つのつながった契約だとみなすためには、それが同一の契約であることを強調するのがポイントです。

例えば、

  • 解約をしていないということ
  • カードを返却していないこと
  • 再び借りるときに新たに契約をしていないこと

などを理由に同じ契約であることを強調するといいでしょう。

逆に、途中で解約をしていたり、カードを返却していたりした場合は、契約が中断されたとみなされやすいので、あきらめた方がいいですね。

まとめ

分断されない方が、取り返すことができる過払い金が多くなるので、できれば一つの契約として過払い金を計算したいという人は多いです。

しかし、分断についての業者の抵抗は非常に強いです。

 

業者としては少しでも過払い金の金額を減らしたいと思っていますからね。

素人相手だとほとんど支払ってくれないと思った方がいいでしょう。

裁判を起こせばどうにかなる場合もありますが、手続きは大変ですし、裁判所で裁判官を納得させるだけの発言も必要です。

 

はっきり言って、素人では大変なので、弁護士に過払い金返還請求を依頼をするのがいですね。

もし過払い金が発生している可能性があるなら、弁護士に依頼することをお勧めします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら過払い金が発生しているのかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で過払い金がいくらあるか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ