個人再生でクレジットカードを残す方法とは?いつから作れる?

個人再生 クレジットカード

  • 個人再生でクレジットカードの残す方法は?
  • ショッピングしか使っていないクレジットカードも個人再生で使えなくなるのか?
  • 個人再生後いつからクレジットカードを作ることができる?
  • 個人再生後にクレジットカードを新規作成する方法とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では個人再生とクレジットカードについて詳しく説明していきます。

1.個人再生をするとクレジットカードはどうなる?

個人再生をすれば借金を大幅に減らすので、ローン会社に損害を与えることになります。

そのため、その後一定の期間ローンが組みにくくなるというのは分かると思います。

しかし、ショッピングにしか使っていないクレジットカードであれば、損害を与えないので、そのまま使うことができるのではないか?と思うかもしれません。

 

しかし、個人再生をした場合、クレジットカードは使えなくなります。

キャッシングで利用している場合以外にもショッピングで利用しているクレジットカードも個人再生の整理の対象となります。

そのため弁護士がクレジットカード会社に個人再生を行うことを伝えてしまいます。

 

個人再生にて整理する借金については、弁護士に依頼をすると受任通知が送られることになります。

クレジットカード会社は受任通知を受け取った段階で、これ以上損害が出ないようにクレジットカードを強制解約してきます。

ショッピングで1円でも利用しているクレジットカードの場合は、提出しなければいけないので、利用することができなくなります。

2.個人再生で使っていないクレジットカードを残すことはできるのか?

ショッピングで利用しているクレジットカードはごまかすことはできませんが、全く利用していないクレジットカードならごまかすことができるのではないかと思うかもしれません。

実際のところどうなのでしょうか?

結論から言いますと、個人再生をしてクレジットカードを残すは可能です。

ただしいきなり利用停止になることもあるので注意してください。

 

実は利用していないクレジットカードについては、提出しなくても個人再生の手続きをすることができます。

全く使っていなければ個人再生の手続きに影響しないので、隠しておくこともできます。

個人再生の手続きの時に提出しなかったクレジットカードは、クレジットカード会社に受任通知が届くわけではないので、すぐに個人再生をしたことに気付くことはないんです。

すぐに使えなくなるというわけではなく、しばらくの間はクレジットカードを使うことができます。

そういった意味では、個人再生後もクレジットカードを残すことができます。

 

ただし、残しておいたクレジットカードがいつまでも使えるとは限りません。

クレジットカード会社は定期的に与信を行っています。

与信では信用情報に「事故情報が載っていないか?」「他のクレジットカード会社で滞納をしていないか?」などをチェックしています。

与信のチェックにおいて、個人再生をしていることが発覚すると、今まで使っていたクレジットカードも使うことができなくなります。

特に更新のタイミングでは、信用情報をチェックするので、クレジットカードの更新のタイミングで使えなくなる可能性が高いです。

・クレジットカードの代わりにデビットカードがある

個人再生を行うとクレジットカードが使えなくなる可能性が高いです。

クレジットカードは各種支払いに便利なので取っておきたいという人も多いと思います。

ただ個人再生後には、クレジットカードとほぼ同じように使うことができるデビットカードがあります。

これを使えば、たいていの支払いは行うことができるので、クレジットカードが使えなくなるデメリットはほぼなくなると言っても過言ではありません。

もし借金の返済が苦しい状況にあるなら、無理に自力で返済しようとするのではなく、債務整理を行うことをおすすめします。

とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも調べてみてください。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

3.個人再生後いつから新しくクレジットカードを作れるのか?

個人再生をすると、信用情報に事故情報が載ります。

これはよく言われている、ブラックリストに載るというものです。

ブラックリストに載っていると、新しくローンを組んだり、クレジットカードを使うことができなくなります。

ブラックリストに載っている期間中は、新規にクレジットカードを作ることもできなくなります。

そのため個人再生後は、クレジットカードを作ることはできません。

 

ただいつまでもブラックリストに載っているわけではありません。

信用情報機関は3つありますが、それぞれで掲載期間が異なります。

  • CIC:5年
  • JICC:5年
  • 全銀協:10年

この期間を過ぎれば、新しくクレジットカードを作ることができます。

多くのクレジットカード会社は審査の時にCICとJICCの情報をチェックすることが多いです。

全銀協の情報をチェックしているのは一部のクレジットカード会社になるので、5年経過すればクレジットカードを作れる可能性が高まります。

 

注意点としては、個人再生で整理したクレジットカードについては、再度作ることは難しいです。

信用情報機関の情報は5~10年で削除されるのですが、自社の情報については削除の期間が決まっていません。

過去に個人再生をして損害を与えた顧客には、新しくクレジットカードを作らせることはしないでしょう。

なので、今まで取得していなかったクレジットカードを新しく作るようにしましょう。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ