母子家庭やシングルマザーの借金返済方法!債務整理が効果的!

債務整理 シングルマザー 借金

  • 母子家庭やシングルマザーで借金の返済が苦しい場合どうすればいいのか?
  • 母子家庭やシングルマザーでも債務整理をすることはできるのか?
  • 母子家庭やシングルマザーで債務整理するときの注意点とは?
  • 債務整理をしたときの子供への影響はどの程度あるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では母子家庭やシングルマザーの債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)について詳しく説明していきます。

1.母子家庭やシングルマザーでも債務整理はできる?

母子家庭やシングルマザーとなると経済的に貧しい人が多いです。

そのため借金を抱えて返済に苦しむ人も多いです。

そんな場合の救済処置の一つが債務整理ですが、母子家庭やシングルマザーが債務整理するのは問題ないのでしょうか?

母子家庭やシングルマザーでも債務整理をすることはできます。

消費者金融やカード会社から取り立ての連絡が来ている状態でも間に合うので安心してください。

弁護士に依頼をすることで、取り立ても止まるので精神的にも楽になれますよ。

 

債務整理のそれぞれの種類について詳しく紹介していきます。

・母子家庭やシングルマザーが任意整理する場合

消費者金融やカード会社の借金を任意整理をすると

  • 将来利息のカット
  • 遅延損害金のカット
  • 3~5年で返済

という感じで返済していくことになります。

借金の元本は減額されませんが、将来かかる利息がカットされることで確実に借金を減らすことができます。

特に消費者金融やカード会社の金利は年利15%と高いので、自力で返済すると利息だけで100万円以上取られることも珍しくありません。

なので、実質的に任意整理には100万円以上の借金減額効果がある場合もあります。

ただ注意したいのは、任意整理後も返済をしなければいけないので、一定以上の収入があることが求められます。

・母子家庭やシングルマザーが個人再生する場合

個人再生を行うと借金をおよそ5分の1に減らすことができます。

残った借金を3~5年かけて返済していくという形になります。

例えば、500万円借金がある場合、個人再生を行うと100万円に減額することができます。

これを3~5年かけて返済していくという返済計画になります。

個人再生も任意整理と同様に手続き後に返済が必要なので、一定以上の収入があることが求められます。

・母子家庭やシングルマザーが自己破産する場合

自己破産を行うと借金を0にすることができます。

ただそれと同時に財産を手放さなければいけないので注意が必要です。

財産があまりなく多額の借金を抱えているという場合には、自己破産を検討しましょう。

 

このように債務整理の方法はいくつかあります。

収入や借金状況によって選ぶべき債務整理の種類が変わってくるので、一度弁護士に相談することをおすすめします。

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

2.母子家庭やシングルマザーが債務整理するときに注意点とは?

債務整理をすると借金返済が楽になるという大きなメリットがあります。

しかしそれと同時にデメリットもあるので注意してください。

債務整理でよく言われるデメリットには、ブラックリストに載るというものです。

ブラックリストというとなんだか怪しい感じがしますが、厳密に言うと信用情報に債務整理をしたことが載ることを指します。

 

ブラックリストに載るとこんなデメリットがあります

  • 新しくローンを組むことができない
  • クレジットカードが使えない
  • 借金の保証人になることができない

というデメリットがあります。

 

このデメリットを見ても分かるように、日常生活には影響はありません。

クレジットカードやローンが組めないと少し不便になるくらいです。

現金であればどんな買い物もできるので安心してください。

またブラックリストからは5~10年経てば消えるので、いつまでもこのデメリットが続くわけではありません。

将来ローンを組みたいと思っている場合には、早めにやったほうがいいかもしれません。

>>債務整理してブラックリストになった場合の影響について

3.母子家庭やシングルマザーが債務整理した場合の子供への影響はある?

母子家庭やシングルマザーの場合、やはり子供への影響を心配する人が多いです。

債務整理をすることで直接的に子供に影響することはありません。

あくまで債務整理の効果(メリット・デメリット)は手続きをした本人のみとなっています。

家族であっても影響することはありません。

・自己破産した場合の財産没収で間接的な影響が

しいて影響があるとしたら、家を所有しているときに自己破産をした場合です。

自己破産をすると家を没収されてしまいます。

なので、自己破産の手続きを行ったら、賃貸マンションやアパートに引越しを行う必要があります。

それに伴って転校をする必要があるかもしれません。

転校することは珍しい話ではありませんから、子供への影響も特にないでしょう。

ちなみに賃貸マンションやアパートに住んでいる場合、債務整理をしたからと言って追い出されることはありません。

きちんと家賃を支払っていれば、そのまま住み続けることができます。

4.母子家庭やシングルマザーが債務整理すると子供が奨学金を借りられなくなる?

母子家庭やシングルマザーが債務整理をしたときすぐに子供に影響が出なくても、将来的に影響が出るのではないかと心配する人もいます。

例えば、子供が大学に行くとき奨学金を借りることができなくなるのではないか?と心配する人が多いです。

 

奨学金を借りるときには、保証人が必要となります。

多くの場合、親が保証人になるのですが、債務整理をしてブラックリストに載っていると保証人になることができません。

仮に親の名前を書いたとしても審査が通りません。

そういった意味では奨学金を借りにくくなります。

ただ子供が小さいころに債務整理をしてしまえば、子供が奨学金を借りることにはブラックリストから外れています。

日本学生支援機構は、全銀協という信用情報機関に加盟しているので、任意整理の場合は5年、個人再生と自己破産の場合は10年で情報が消えます。

 

また仮にブラックリストに載っている状態でも子供が奨学金を借りる方法があります。

それは「機関保証」を利用するという方法です。

・機関保証を利用する

親が保証人となることを人的保証と言います。

それに対して、保証会社が保証人の代わりになることを機関保証と言います。

機関保証を利用すれば、親が保証人になれなくても、奨学金を借りることができます。

ただその代わりに毎月の奨学金から保証料を差し引かれます。

少しお金がかかりますが、奨学金が借りられないということはないので安心してください。

 

このように債務整理をしたからと言って子どもに大きな影響が出ることはありません。

もし返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

あなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ